今後のビットコイン相場「3つのパターン」 テザー問題は一時収束へ|仮想通貨市況

今後のビットコイン相場「3つのパターン」 テザー問題は一時収束へ|仮想通貨市況
仮想通貨市場
ビットコイン相場は、コインチェックの新規口座再開が日本マーケットの動くきっかけとして好材料視され、JPY建取引が先行して上昇したものの、依然厳しい状況に置かれている。今後のビットコインの方向性を3つのパターンで考察した。

仮想通貨市場

ビットコイン相場は、29日20時付近で急落したことで、日足bitFlyer BTC/JPYにて、中期的に形成した三角保ち合いのサポートライン割れも危惧されたが、ここまで強い底値を形成してきたビットコイン価格は割ることなく推移している。

依然世界のビットコイン価格は上昇方向へ強さは見られないが、日本国内では、国内最大級の仮想通貨取引所コインチェックの新規口座開設を再開が発表され、相場に好材料視された。

下に掲載したチャート比較で見ると、発表時間に当たる青色の縦線から、JPY(基準チャート)が、比較対象のUSD(青)や、EUR(オレンジ)とは対象的に相場が反応していることがわかり、材料視された見方は強いだろう。

しかし、以前出来高の減少や金融マーケット全体の地合いの悪さ「3重苦
」に悩まされるビットコイン相場は厳しく、他国のマーケットは追随せず、上昇トレンドを形成する材料とはならなかった。

テザー問題は一時収束へ

相場の不安材料であった、ペッグ通貨USDT(テザー)の価格下落している問題が収束を見せている。

USDT建取引は、相場下落の影響で下落率が高まったアルトコイン取引において不利になったBTC建取引の状況を受け、BinanceやOKExなど、世界の仮想通貨間取引プラットフォームで人気を博していた。

そのような背景の中、基本的にUSDが準備金として担保されている仕組み上、1USDT=1USDの価値を保つコインとして成り立っているUSDTの価格が下落、10月4日には5%の乖離を生み出し、ビットコイン相場に相関性も見られたことから、仮想通貨市場における大きな不安材料になっていた。

上記の画像のように、極めて高い相関性を生み出していたことがわかる。

しかし、この動きも下のチャート比較で見られるように収束に向かっている。USDT価格(オレンジ)は1ドル付近まで値を戻し、相関性が見られてから価格乖離がみられたbitfinexのBTCUSDチャート(青)も他のマーケット水準まで下落した。

アルトコインの買い取引は、USDT価格が通常より安いことで、価格乖離の差分不利な状況に置かれていた指摘もあり、アルトコインが売られる状況の緩和へ繋がる可能性もあるだろう。

相場の方向性は?

昨日の下落から強いサポートライン上で推移しているビットコインだが、今後の価格はどう動くのだろうか?

現状重要な局面に差し掛かっていると思われるビットコイン価格推移が動く方向性として、3つのパターンを考察した。

1 三角保ち合いのトレンドラインを意識:70万6000円付近から69万円後半までの間で、下値を切り上げて推移、収束地点と見られる11月4日から6日あたりに向かう。

2 上昇方向へ向かった場合:70万6000円付近のラインを超え、1つ目のレジスタンスラインである緑の抵抗線を抜け、上昇へ向かう。

3 下落目線:日足チャートで確認すると、以前記事に記載した三尊天井が形成しかけており、69万円台の黄色枠のサポートラインを抜けてしまうと、6月底値であった64万円後半のラインを意識され、暴落相場に転じてしまう可能性がある。

この相場において厳しい状況に置かれるパターンとなる。

今後のBTC相場で、注目したいラインは69万円後半に置かれ、ここを抜けてしまった場合、黄色枠のサポートラインまで下落する可能性がある。

今年1月から約11ヶ月という長期に渡って続いた弱気相場も、遅くとも6日にはどちらかにブレイクする可能性が高まっており、依然重要な局面にあるといえるだろう。

仮想通貨(ブロックチェーン)関連株

国内最大手仮想通貨取引所「コインチェック」新規口座受付再開のニュースが前場引け後に出たことで、後場寄りからマネックスグループ(8698)が急騰を見せ、一時ストップ高を記録した。

短期筋の利確売りに押されて反落するも、前日比7.75%の大幅反発を見せて引けている。

出典:SBI証券

市場が切望する金融庁の認可登録でこそなかったものの、新規口座の受付再開により、新規流入が途絶えて閑散相場となっていた日本の仮想通貨市場に再び資金流入が期待できることに加え、金融庁の認可判断が近いのではとの思惑も再燃したことで出来高も2営業日前の約8倍にまで跳ね上がった。

これに伴い、リミックス、フィスコ、セレスなど仮想通貨銘柄セクター全体に資金が流れ込み全面高となるなど、改めてコインチェックブランドの影響力を見せつけた格好だ。

出典:SBI証券

なお、関連銘柄に関しては、以下の記事で解説している。

CoinPostの関連記事

2018-03-10 20:30

CoinPost動画

CoinPostで厳選した、仮想通貨のニュース動画はこちら。

もし良かったら「チャンネル登録」お願いします。

スポンサーリンク