弱気相場でも超強気なビットコイン価格予想を継続するTim Draper氏|理由は世界的経済危機

弱気相場でも超強気なビットコイン価格予想を継続するTim Draper氏|理由は世界的経済危機
強気な姿勢を一貫
今月10月末に開催されたCrypto Invest SummitにベンチャーキャピタリストのTim Draper氏が「ビットコイン価格が2022年までに2800万円に高騰する」と、弱気相場でも依然強気な姿勢を示した。
各国の規制環境について
Draper氏は、各国の仮想通貨規制についても言及し、仮想通貨禁止を行なった中国は、仮想通貨取引所Binanceを始めとする多くの起業家を失い、機会損失を被っていると述べた。

強気な姿勢を一貫するTim Draper氏

ベンチャーキャピタリストで億万長者のTim Draper氏(以下、Draper氏)がロサンゼルスで10月22日から24日にかけて開催されたCrypto Invest Summitに登壇し、「ビットコイン価格は2022年までに250,000ドル(約2800万円)に高騰する」という強気の予想を継続する姿勢を示した。

その中でDraper氏は、2022年までに仮想通貨市場の時価総額は10兆ドル(約1100兆円)に達し、ビットコインだけでも4兆ドル(約440兆円)規模になると語っている。

現在の仮想通貨相場は、18年年初から上値を切り下げて推移する相場を形成しており、今後の価格変動の見方は専門家の中でも二分化されている状況にある。

特に規制面が強化されたことで、相場は一時的な縮小期のフレーズにあるが、巨大金融企業参入も相次ぎ、市場として次点のフレーズへ向かうとの見方も多く見受けられる。

Tim Draper氏はなぜ一貫として、ビットコイン価格の長期的な上昇を予想しているのか?

Draper氏がみる仮想通貨市場

現時点で世界中の法定通貨、または、”政治的通貨”が86兆ドル(約9600兆円)の時価総額を誇っているが、Draper氏は将来的に仮想通貨がこの法定通貨システムを徐々に侵食して行き、仮想通貨中心のシステムに移行していくことを示唆した。

その理由として挙げたのは、世界経済の悪化を背景に、仮想通貨ビットコインが国際的で、非中央集権的な、摩擦のない通貨であるため、中央銀行の信頼を裏付けとする法定通貨よりも優れていることを理由の一つに挙げ、法定通貨の86兆ドル(約9600兆円)での上位5通貨の1つの地位までになると説明した。

そして、彼は仮想通貨やブロックチェーン技術が既存法定通貨のシェアを奪っていくだけでなく、世界中の政府の取り組みを一変させることになると示唆し、その大きな革新について以下のように言及した。

「おそらく”政府”は大きな変貌を遂げるだろう。全ての技術を集約し、グローバルで分散化されたトークンを作成する。すると、そのトークンはブロックチェーンと呼ばれる完全な台帳上に存在し、すでに会計処理が為されるため、特別な会計処理を施さなくてよくなる。」

要するに、Draper氏は仮想通貨を投機的な動きで見ての予想ではなく、現状経済破綻を起こす国で見受けられるような経済危機の状況から、自国の経済に直接左右されない通貨としての投資的な側面で捉えた予想であることがわかる。

さらに、あらゆる契約がスマートコントラクト上で為され、ビッグデータとなり、そのデータを抽出して人工知能(AI)に読み込ませることで”選択”をさせることができるようになる未来は来ると主張した。

結果的に、全てのプロセスを人工知能、スマートコントラクト、ブロックチェーンで代替できると断言している。

各国の規制環境について

Draper氏は、仮想通貨市場の成長やビットコイン価格の予想に加えて、同業界における規制の在り方についても言及した。

彼は「中国は仮想通貨業界に対抗したため、多くの起業家を失った」とコメントし、その例として、中国から取引高において世界最大の仮想通貨取引所Binanceを例に挙げた。

Binanceは、中国の規制の後、シンガポールに拠点を移し、移転先のシンガポールでも規制が高まってきたため、最終的には、さらに仮想通貨規制に寛容なマルタに移転して拠点を構え、世界的なシェア拡大を狙う動きを見せている。

このように、仮想通貨業界を受け入れていかない国々は、起業家を始めとする様々な機会損失を被り、既存法定通貨に頼るしか選択肢がなく、結果的に規制に寛容な国々に太刀打ちできなくなると言及した。

Draper氏はアメリカ証券取引委員会(SEC)も規制を施行する際は、必要最低限に止めるべきであると示唆し、以下のようにコメントした。


「SECは仮想通貨業界にどのような規制を施行するべきか悩んでいる。高齢者に対して詐欺的行為を行う人々に対応していかなければならない一方で、そのテクノロジーをアメリカから流出させるべきではないことも理解している。彼らは、仮想通貨業界が如何に競争性の高い分野であるかを適切に把握しているのだ。」

このように、ベンチャーキャピタル分野で今まで確かな実績を残してきたDraper氏が、仮想通貨業界の今後の成長を確信していることは、投資家たちに大きな安堵感を与えたと言えるだろう。

CoinPostの関連記事

2018-10-29 23:26
2018-09-16 17:50

スポンサーリンク