51%攻撃を行った悪質マイナー、今年で約21億円相当の利益を上げる

51%攻撃を行った悪質マイナー、今年で約21億円相当の利益を事実

Group-IBが発表した新しい報告書によると、悪質マイナーは、Proof-of-Work(POW)コンセンサスアルゴリズムを使用した小規模仮想通貨に対し、51%を攻撃を仕掛け、総額1950万ドル(約21億円)相当の利益を上げていることが判明した。

今年の5月には、51%攻撃がビットコインゴールド(BTG)に対して行われ、約20億円分ものBTGが盗まれてしまった。

また同時期、仮想通貨のVerge(XVG)も、4月と5月の2回にわたって攻撃を受け、総額2億円相当の被害を受けていた。

現在もProof-of-Work(PoW)とStake of Stake(PoS)のメリット、デメリットの議論が続いている。

参考記事:Cryptocurrency Miners Have Raked in $19.5 Million From 51% Attacks This Year Report

CoinPostの関連記事

2018-05-23 14:19
2018-05-24 12:14

スポンサーリンク