仮想通貨0.15BTC(約11万円)で購入可能:次世代ブロックチェーンスマホ「EXODUS1」と「Finney」比較

仮想通貨0.15BTC(約11万円)で購入可能:次世代ブロックチェーンスマホ「EXODUS1」と「Finney」比較

仮想通貨0.15BTC(約11万円)で購入可能:次世代ブロックチェーンスマホ「EXODUS1」と「Finney」比較
次世代ブロックチェーンスマホ比較
台湾大手メーカーHTCがブロックチェーンスマホ「EXODUS1」を発表した。法定通貨では購入できず、11万円相当のBTCかETHで購入できるという。Finneyと比較して紹介している。

次世代ブロックチェーンスマホ比較

Web3 sumitの2日目、台湾大手「HTC」がブロックチェーン・スマートフォン「EXODUS1(エクソダス・ワン)」を発表した。

インターネット(Android OS)から遮断したオフラインの「コールドウォレット」として、ビットコインやイーサリアム、ライトコインといった仮想通貨を保管できる機能「Zion Wallet」も備えているという。

ブロックチェーン・スマートフォンでは、先日、SIRIN LABが「Finney(フィニー)」の販売を発表、予約を受け付けている。

この記事では、これら2つのブロックチェーン・スマートフォンの機能面の違いに着目、まとめている。

EXODUS(エクソドス)1について

台湾のスマホメーカー「HTC」が、すでに予約販売をスタートさせているブロックチェーン・スマートフォン。これも、クリプトアセットをどのように安全に管理するのか、ユニークなアイデアを提案している。

ハードウェア内の安全地帯:エンクレーブ

HTC EXODUSでは、Android OSを採用している。このOSが、ハードウェア内に確保されている「セキュアエンクレーブ」というロックされた領域を保護している。

このセキュアエンクレーブに仮想通貨を扱うキーが格納され、仮想通貨、およびノンファンジブルトークン(代替不可能トークン)を安全に保管することができる。

EXODUSの素晴らしいところは、これだけではない。開発チームは『一箇所に集めることは避ける』という思想を持っており、それを形にしたキーの保管方法を、EXODUSでは実装。それが、ソーシャルなキーの保管方法だ。

家族・友達・親戚が助けあうSocial Key Recovery

今現在、明らかになっている情報から考えられるSocial Key Recoveryの仕様は、以下のようなものだ。

  1. デバイスのセットアッププロセス中に、少数(3〜5人)の連絡先を選択するよう求められる
  2. 選択した人たちと特定のアプリを共有。アプリを介してのみアクセスできるキーが格納されており、それの一部を本人と選択した数人の人たちが受け取る
  3. あなたがデバイスを紛失してしまった場合、あらかじめ指定した人たちの助けを借りることでキーを復活させることができる
  4. 復活したキーを使うことで、あなたは自分のウォレットにアクセスできるようになる

「秘密鍵を自分自身だけではなく、周囲の知人・友人にも管理してもらう」という発想は、さすがオープンソースによるオープンブロックチェーンならでは。

主なスペック

パフォーマンス:Qualcomm ®Snapdragon 845

容量:128GB

バッテリー:3500mAh

ディプレイ:Quad HD

カメラ:高品質12MP + 16MPメインカメラ

Bokehと8MP + 8MPデュアルフロントカメラ

オーディオ:HTC BoomSoundハイファイ版

購入方法

EXODUS 1は、10月23日から予約開始されている。今の所、米国・台湾・香港・シンガポールなど34カ国で販売される見通しで、支払いには、仮想通貨ビットコインかイーサリアムを使用可能だ。

いずれも、本体価格11万円ほどの価格となっている。

・ビットコインで購入する場合

価格:0.15BTC(約10.8万円)

・イーサリアムで購入する場合

価格:4.78ETH(約10.8万円)

公式サイト:

Finneyとは

出典:finney

ブロックチェーン・プロジェクトの一つである Sirin Labsが開発を進めているブロックチェーン・スマートフォンのこと。本体価格はこちらも約11万円となっている。

イスラエルに籍をおく企業であるSirin Labs。

オペレーティングシステム、スマートフォン、ブロックチェーン対応のデスクトップコンピュータなどを開発し、ブロックチェーンのスマートフォン市場に取り組むことを目指している。

「Finney」スマートフォンは、「シンクライアントのプラクティスに基づいて構築された最初のブロックチェーンオールインワンPC」というキャッチコピーで特徴付けられているSirin LabsのFinney PCと組み合わせるように設計されている。

つまり、スマートフォン単体ではなく、PCと組み合わせることで最大の価値を発揮できるように設計されているのだ。

Finneyのセキュリティ

Finneyは、オフライン上に仮想通貨などのデジタル資産を保管できるコールドウォレットとして利用され、dAppsの利用をスムーズにすることができる設計になっている。

安全性を考慮すれば、既存のコールドウォレットである「Ledger Nano S」などの選択肢がある。

しかし、これらはクリプトアセットを引き出し、dAppsに使うためにはPCを使う必要があり、不便であると言わざるを得ない。安全性は高いが、利便性がとても低いのが現状だ。

そこでFinneyは、利便性と安全性を両立する仕組みを構築した。それが、BlcokShieldによって管理されている解析不可な領域にウォレットを埋め込んでいること、および「指紋+ロックパターン+行動要因」を統合している『3要素認証』だ。

これらを採用したことにより、たとえスマートフォンを紛失し、他人の手に渡ったとしても、本人でない限りはクリプトアセットを奪われずに済む。

主なスペック

Qualcomm Snapdragon 845

CPU:2.8 GHz octa-core(8コア) Kryo 385

バッテリー:3280 mAh

メインカメラ:12 MPixel, f/1.8

フロントカメラ:8 MPixel, f/2.2

他の注目すべき機能:バッテリーのシェア

もしもスマートフォンの充電が切れてしまっても、心配無用。SRNトークンを持っていれば、データプランを共有できるようになっている。

購入方法

購入にはSRNトークンを利用できる。先行予約は、下記サイトから可能だ。

将来的には、ヨーロッパ圏のAmazon(イギリス、フランス、スペインなど)でも購入できるようにする計画とのこと。詳細は、こちらのサイトから確認できる。

先行予約:

CoinPostの関連記事

2018-03-23 20:17
2018-07-31 13:05
CLOSE
CLOSE