日米の前向きな規制の動きに、ビットコインやリップル価格が反応|仮想通貨市況

日米の前向きな規制の動きに、ビットコインやリップル価格が反応|仮想通貨市況
仮想通貨市場
仮想通貨市場は、日経平均が反発するのを確認すると、価格が上向いた。日本仮想通貨交換業協会の認可は業界における長期的なプラス材料との見方も強く、相場にも反映された。

仮想通貨市場

仮想通貨市場は、欧州政治不安や米中貿易摩擦に伴う上海株の下落に影響した昨日の日経平均の動きにつられ負の相関性を見せたビットコインだったが、日本の株式市場の大引け後には落ち着きを取り戻し、静観する場面が見られた。

上に掲載したチャートを見てわかるように高い相関性を見せた日経平均株価とビットコインの相関性から、注目された日本時間24日9時、相場が反発したのを確認するとビットコインも反発(青ライン一本目)した。

その後も上昇を続けたBTC価格は、ロイター社が公式発表前に報じた「日本仮想通貨交換業協会を「資金決済法」に基づく自主規制団体に認定」の報道(青ライン二本目)が、市場にプラスの材料と捉えられ、74万円まで上昇を記録した。

コインチェックが29日に利用規約を大幅改定する事が明らかになり、マネックス社の株価も急騰するなど、一時的に停滞しているとの見方が強い日本の仮想通貨業界の再始動へ向けた期待感が高まっていた状況の中で、自主規制団体の認定発表は、停滞する相場に置いてプラスに捉えられたのは間違い無いだろう。

また、本日は相場の重要ファンダ「ビットコインETF」を申請するVanEckが、SECのコミッショナーと面会し、承認に当たる根拠やSECの二重規範に関するプレゼンテーションを行なった事が明らかになった他、Coinbaseカストディがニューヨーク州金融サービス局からの信頼憲章の交付を受けたことで適格カストディアンになった動きなど、全体的に規制に関する前向きな動きが、本日のファンダメンタルズ材料となった。

相場の動きこそ、大きくはないものの、仮想通貨市場における重要な1日となり、日本の仮想通貨業界にも久しぶりに明るい話題が舞い込んだ形となる。

昨年世界の仮想通貨マーケットを主導した日本市場の盛り上がりが、この動きを経てどのように変化していくかという点も重要になってくるだろう。

XRP(リップル)もカストディのニュースに反応

コインベースカストディが信頼憲章の交付を受けたニュースは、XRP相場にも影響を与えた。

コインベースカストディは、今まで同社取引所でも扱われている5種類の仮想通貨をカストディの対応通貨としているが、今回発表された信頼憲章交付文書にて、XRPが新たに追加されている事が明らかになった。

コインベースは、米規制当局と密接な関係を持ち、規制下での運営に力を入れることで、信頼度では世界一とも言える仮想通貨取引所だが、現在の規制状況を受け、有価証券に該当する通貨の取扱を避けていた過去もある。

この有価証券問題の渦中にあるXRPは長くコインベースとの動きに否定的なニュースがあったが、今回カストディサービスに追加されたことで、好材料と捉えられた格好だ。

ビットコイン(BTC)テクニカル分析

ビットコイン相場をテクニカル面で見ていくと、bitFlyer2時間足のチャートでは、レジスタンスラインであった723,000円付近でのレンジ相場を形成している。

ここから上抜けした場合は、200日移動平均線を超え、雲抜けすることで、次のターゲットは73万円の抵抗線となる。

200日移動平均線を超えることは、市場に強気相場の転換を意識させるため、トレンド転換にも期待できる状況にもなってきている。

一方で、bitFlyer日足チャートを確認すると、三尊天井の形成が継続している見方もでき、安心しきれる相場とまではいかないのが現状だ。

TradingViewのBTCJPYチャート

プラスの点は、上記のbitFlyer1時間足チャート上で、10月15日の暴騰からの反落で底になっている714,000円ラインが非常に堅いこと。

懸念点は、トリプルボトムからの上昇では勢いが弱く、723,000円の抵抗線で止まっている点だ。

現状として、重要視するべきラインは、73万円付近と、反発ポイントである714,000円付近となりそうだ。

また、27日に控えているCME先物SQは、四半期データで出来高の上昇を公開して初めてのSQ日となるため、注目したい。

イーサリアムはショート減少傾向

CoinPostのニュースで取り上げた老舗仮想通貨ディーラーのGenesis Global Tradingによると、イーサリアムのショート投資が2018年第3四半期において大きく減少を見せているとしている。

これは、同社が行なっている仮想通貨貸付を基準にヘッジファンドの傾向を見たものだが、このような観点からイーサリアムは底値に達しているとの見方もでており、注目したい。

仮想通貨(ブロックチェーン)関連株

米国株が乱高下するなど足元不安定な地合いの中、昨日急騰したマネックスグループなどが冴えず、全体的に弱含み。

そんな中強かったのは、1Q決算で経常利益90%増益、上方修正後、15日にストップ高を付けたグノシー(6047)。

同社は今年7月12日、AnyPay株式会社とブロックチェーン関連事業を行う合弁会社「株式会社LayerX」の設立を発表。ブロックチェーン銘柄の本命入りを果たしており、今後の事業展開にも大きな期待が集まっている。

CoinPostの関連記事

LayerX福島良典社長へ独占インタビュー

7月12日に、株式会社Gunosyはブロ…

2018-03-10 20:30

CoinPost動画

CoinPostで厳選した、仮想通貨のニュース動画はこちら。

もし良かったら「チャンネル登録」お願いします。

スポンサーリンク