リップル(XRP)を基軸通貨とした仮想通貨取引所XRP Unitedが始動

リップル(XRP)を基軸通貨とした仮想通貨取引所XRP Unitedが始動
仮想通貨取引所XRP Unitedの始動
10月23日に世界初となる全ての取引ペアが仮想通貨XRP基盤になっている仮想通貨取引所XRP Unitedのサービス提供が開始された。同社はエストニア基盤で認可されており、今後さらなる法定通貨、仮想通貨に対応していくとされる。
高まるXRPへの注目
XRP Unitedだけでなく、カナダの仮想通貨取引所CoinFieldでも仮想通貨XRP基盤の取引ペアを提供することを検討している。Coinbase Custodyも先日NYDFSから認可され、XRPのカストディサービスの提供が許可された。

仮想通貨取引所XRP Unitedの始動

10月23日、世界初の全ての取引ペアがXRP基盤となっている仮想通貨取引所が公開された。

そのXRP Unitedと称されるエストニアの仮想通貨取引所は、公式に認可され、ライセンス取得済みの取引所である。

XRP Unitedの創業者のハンドルネームであると考えられるP3T3RIS氏は、コミュニティサイトであるXRP CHATで以下のように記述している。

私たちは、XRP基軸の仮想通貨取引所を7月に公開できる予定だったが、ソフトウェア提供者に約束した水準のものを納品してもらえなかったのだ。

どん底を経験した。そして、新たなスタートを切って、やっとここまでこれた。

現在公開されているのは、下記のビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュの3つの取引ペアであり、モネロのウォレットが対応し次第、モネロ(XMR)とXRPの取引ペアが近日中に追加される予定であるとされている。

  • BTC/XRP
  • ETH/XRP
  • BCH/XRP
  • XMR/XRP(追加予定)

そして現時点では、仮想通貨XRPの購入の際に法定通貨ユーロ(EUR)しか対応しておらず、仮想通貨取引ペアも数が限られているが、P3T3RIS氏は、以下のようにコメントし、今後さらに多くの法定通貨、仮想通貨ペアに対応していくことを示唆した。

現在、私たちが対応している法定通貨は、ユーロ(EUR)だけである。しかし、今後も対応する法定通貨を増やしていく計画である。

そして、まず少数のXRP基盤の取引ペアでサービスを開始し、徐々にそのペア数を広げていきたいと考えている。

XRP Unitedは、公式ビデオも公開しており、仮想通貨XRPを価値のインターネット(Internet of Value, IoV)のスタンダードと称し、24時間、世界中のどこにいてもわずか4秒で送受金を行えることを強調した。

ビデオ内では、仮想通貨XRPが、法定通貨、仮想通貨はもちろん、不動産、株式、土地、ゴールド、原油、コーヒー豆、小麦など、あらゆる通貨、資産、コモディティの取引における仲介手段として用いることができるとし、P3T3RIS氏も

最終的なゴールは、ビデオ内にもある通り、全ての仲介手段を提供することだ

と言及している。

高まるXRPへの注目

仮想通貨XRPに注目する取引所は、XRP Unitedだけではない。

カナダの仮想通貨取引所CoinFieldも仮想通貨XRPを30以上の仮想通貨取引ペアにおいて基盤通貨として使用する計画を公式に発表しており、今後69以上の国々での展開を見据えている。

そして、XRP United が公開された同日10月23日に、Coinbaseのカストディ特化会社Coinbase Custodyは、ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)から公式に認可を受けたことを発表した。

そのニューヨーク州金融サービス局の公式サイトにて同社が、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、イーサクラシック、ライトコインに加え、リップル(XRP)のカストディを認可したことが注目された。

このように、仮想通貨XRPの関心が高まってきており、XRP UnitedのようなXRP基盤専門の取引所やCoinFieldのようなXRPを基盤とした取引ペアを扱う取引所が今後も増えていくことで、その関心の高まりは加速していくのではないかと考えられている。

CoinPostの関連記事

2018-10-24 22:04
2018-10-22 12:05

スポンサーリンク