首都圏大学で初、「ブロックチェーンハッカソン@東京理科大学2018」が開催へ

首都圏大学で初、「ブロックチェーンハッカソン@東京理科大学2018」が開催へ

f:id:moneygamex:20181017103929j:plain

かにたまです。

首都圏大学で初めてブロックチェーンハッカソンが開催されることがわかりました。

 

「ブロックチェーンハッカソン@東京理科大学2018」

株式会社EMURGO(エマーゴ)がメインスポンサーとなり、「ブロックチェーンハッカソン@東京理科大学2018」を2018年10月27日(金)と、11月3日(土)~4日(日)に開催されると、ウェブページで発表がありました。

 

EMURGOは、仮想通貨Cardano(カルダノ)の事業開発を行っている会社で、スマートコントラクトの開発支援、ベンチャー投資、ICOコンサルティング等を行っています。
 

ウェブページ:https://emurgo.io/
 

ツイッター:https://twitter.com/Emurgo_Japan 



近年、ブロックチェーンに注目が集まる一方、その用途に関しては依然として手探りの状況の中、様々な試みがなされています。

 

www.bitcoin77777.com

また、最近では、モナコインなどの51%アタックも起こり、脆弱性が指摘されるようになりました。

 

しかし、ブロックチェーンは日々進化しています。

そして、可能性を広げるためには、より多くの人にブロックチェーンの魅力を知ってもらい、ユニークで柔軟な発想、技術を持つ人々が繋がるきっかけが必要です。

 

そこで、今回、賞金総額200万円規模のハッカソン「ブロックチェーンハッカソン@東京理科大学2018」を東京理科大学富士見キャンパスで開催されます。

イベントでは、東京理科大学の教育・研究環境の充実のために活動する東京理科大学インベストマネジメント株式会社と、文部科学省による次世代アントレプレナー育成事業であるSkyward EDGE Consortium - TUSが協力しています。

メインスポンサーである株式会社EMURGO 代表取締役社長・児玉健さんは以下のようにコメントされています。

 

ブロックチェーンの利用範囲は、仮想通貨はもちろん、ビジネスの効率化、貧困問題の解決などさまざまな領域に広がりつつあり、未来に向かって果てしない可能性を秘めています。この革新的な技術を確固たるものにしていくためには、ユニークな発想を持ち、テクノロジーを楽しめるより多くの人々の参加が不可欠です。ブロックチェーンハッカソン@東京理科大学2018に参加して、ぜひその世界を垣間見てください。

 

 

ハッカーソンとは?

簡単にいうと「開発合宿」です。


開催概要

イベント名

ブロックチェーンハッカソン@東京理科大学2018

 

日時

2018年10月27日(土)13:00~21:00(予定)
2018年11月3日(土)、4日(日)13:00~21:00(予定)

 

会場

東京理科大学 富士見キャンパス    
〒102-0071 東京都千代田区富士見1丁目11-2

アクセス


スポンサー

メインスポンサー:株式会社EMURGO
インフラスポンサー:SBクラウド株式会社(予定)

 

賞金(予定振り分け)

1位100万円 

2位50万円

3位以下、10~30万円
※アウトプットのレベルが入賞の最低条件に満たない場合、上位の賞金は出ない恐れがあります

 

公式ページ

https://tus2018-hackathon.peatix.com/?lang=ja
参加申し込みや詳細は上記公式ページをご覧ください。

 

参加対象者

  • 職業・年齢不問(未成年者は保護者の同意書が必要です)

  • 事前にチームを組んでの参加も可能


募集人数

100名 (エンジニア 70名 / ビジネスプランナー 30名)

ブロックチェーンハッカソン@東京理科大学2018では、下記のような参加者の募集をされています。

  • 新しいサービスを考えるのが大好きな老若男女

  • ブロックチェーンを用いたシステムの開発経験があるサーバーサイドエンジニア

  • UI/UXに情熱を注ぐフロントエンドエンジニア

  • 三度の飯よりデザインが好きなデザイナー

  • 話をまとめ資料に起こすのが得意なスーパーマン

  • とにかく何かに挑戦したい金の卵のみなさん


テーマ

「未来を感じさせる、ワクワクするようなサービス」を、チーム一丸となって創出すること。良いテーマですね。

 

入賞の最低条件

ブロックチェーン技術を用いてのハッカソンのため、プロトコルは不問。すでに何らかのネットワーク上で稼働しているものであることが、アプリケーションの最低条件。

 

開催スケジュール (予定)

10月27日(土)

~チームビルディング~
13:00 - Meetup, スポンサー紹介
13:30 - ゲストスピーチ(対談形式等)
15:00 - テーマ発表・説明
16:00 - チームビルディング
18:00 - 夕食・各チーム準備開始
21:00 - 主会場クローズ

 

10月28日(日)から11月2日(金)

~準備期間~
当イベントスラックチームに招待し、各種オンラインでのサポートを提供予定

 

11月3日(土)~サービス開発~ 

8:00 - スタート、軽いキックオフ 
12:00 - ランチ 
15:00 - Coffee Break & スポンサー賞に関する説明 
15:30 - ゲームタイム (食堂で実施予定) 
16:30 - ワーク再開 
18:00 - 夕食、翌日スケジュールの共有 
21:00 - 主会場クローズ

 

11月4日(日)~最終発表日~

8:00 - スタート 
11:00 - プロジェクトアウトプット提出 
12:00 - ランチ 
13:30 - プロジェクトプレゼンテーション(チーム発表5分、質疑応答5分)
15:40 - 結果発表 
17:00 - クロージング 
18:30 - ファイナルレセプション、懇親会 
21:00 - 主会場クローズ

 

仮想通貨市場では、圧倒的にブロックチェーンの技術者が足りていません。

将来の優秀な技術者が生まれるキッカケになると嬉しいですね。

CLOSE
CLOSE