中国人民銀行の研究者、ステーブルコイン開発に置ける中国の「乗り遅れ」に危機感

中国人民銀行の研究者、ステーブルコイン開発に置ける中国の「乗り遅れ」に危機感

中国人民銀行の研究者、ステーブルコイン開発に置ける中国の「乗り遅れ」に危機感
ステーブルコインに関する研究
中国人民銀行の研究者が、中国はステーブルコインの研究を進め国の機関を元ペッグ通貨の開発に呼び戻すべきだと主張している。USドルペッグ通貨を例に挙げつつ、この存在が、USドルを世界の通貨市場での支配的立場にさらに押し上げていくと危機感を示す一方で、他の多様な法定通貨には悪影響も及ぼすと述べている。
ステーブルコインと法定通貨
レポートの著者は、ステーブルコインが現実の経済でインパクトを発揮するのはまだ先のことだと話し、最終的には中央銀行によってデジタル化された法定通貨が発行される未来がくるだろうとしている。

ステーブルコインに関する研究

中国人民銀行の研究者が、中国はステーブルコインの研究を進め国の機関を元ペッグ通貨の開発に呼び戻すべきだと主張している。

火曜日、中国人民銀行の広報を担当するCN Financeが、「A brief analysis of stablecoins」と題されたレポート を発表した。

レポートの著者は人民銀行の研究者であるLi Liangsong氏と、復旦大学の教授だ。

その中では近頃のステーブルコインの開発について触れられており、多くはUSドルペッグの通貨で、一部ではさらに規制機関をバックにつけた Gemini Dollarや Paxos Standardのような通貨もあると言及している。

著者はこうしたUSドルペッグ通貨の存在が、USドルを世界の通貨市場での支配的立場にさらに押し上げていくだろうと危機感を示しつつ、一方で他の多様な法定通貨には悪影響も及ぼすと述べている。

著者はさらに以下のように述べている。

USドルペッグ通貨が今後広く認知を獲得し、実際の経済の中で使われるようになったなら、我々はますますこのステーブルコインの領域について研究をすすめ、自国の機関にス元ペッグ通貨の開発を急がせるようにしなくてはならない。

ステーブルコインと法定通貨

こうした内容を受け、水曜日、OKCoinの創業者であるStar Xu氏が以下のように述べた。

中国での元ペッグ通貨の要望が広がっているのは必然的なことだ。また、OKCoinのアメリカ版では、規制に対応したステーブルコインの販売を開始する。

レポートの著者は、ステーブルコインが実際の経済でインパクトを発揮するのはまだ先のことだと話し、以下のように続けた。

仮にステーブルコインがその力を伸ばしていったとすると、中央銀行の役割は衰えていくだろう。中央銀行によって発行されている法定通貨はステーブルコインの背後に隠れることになり、とはいえ完全に死んでしまうわけでもないだろう。ステーブルコインは中央銀行の決済機関や金に関する取締りの機能を制限するにとどまるはずだ。こうした通貨の進化は、最終的には中央銀行が発行する法定通貨のデジタル化によってその目標が達成されると考えている。

日本円でもGMOが手がける

GMOインターネット株式会社も、日本円を裏付けとするペッグ通貨『GMO Japanese YEN』を、来年を目処にアジア地域へ向けて発行する予定を公表している。

コインポストの取材に対しても、ステーブルコインは、瞬く間に「決済ネットワーク」に変える存在であるとした上で、仮想通貨というよりも、ブロックチェーンなどインターネット決済で使用できる”切り札”となり得るとの見解を明らかにしている。

仮想通貨のボラティリティがない分、決済導入によるインパクトがやはり注目されているようだ。

CoinPostの関連記事

2018-09-10 23:26
2018-10-10 12:40
CLOSE
CLOSE