中東の仮想通貨取引所が世界初となる中央銀行認可間近か、『アラブマネー』流入期待も

中東の仮想通貨取引所が世界初となる中央銀行認可間近か、『アラブマネー』流入期待も

中東の仮想通貨取引所が世界初となる中央銀行認可間近か、『アラブマネー』流入期待も
Rain Financialが認可か
中東の仮想通貨取引仲介業Rain Financialがバーレーン中央銀行によって認可されるのではないかとされている。2019年にサービス開始予定で、中東の法定通貨取引も可能になると示唆された。
期待される資金流入
中東では、規制の不透明性などの理由から仮想通貨投資に本格的に参入できていない投資家が多数いると考えられている。しかし、Rain Financialのような認可された取引所が台頭することで、中東の莫大な資金流入が見込める可能性がある。

Rain Financialが認可か

ペルシャ湾を中心に開発されている仮想通貨取引仲介企業Rain Financialが、現地中央銀行の認可を受ける初の取引所になるのではないかとされている。

Rain Financialは、サウジアラビアのブロックチェーンコンサルタントAbdullah Almoaiqel氏および、エジプトの投資家Yehia Badawy氏を発端としてJoseph Dallago氏やAJ Nelson氏などのパートナーと共に開発され、一般投資家と機関投資家の両方を対象とした仮想通貨取引サービスの提供を見込んでいる。

同社は、バーレーン中央銀行によって設立されたFintech Sandbox(フィンテックの砂場)フレームワークに2017年9月に登録されている。そのFintech Sandboxは、その名の通り、バーレーン中央銀行に認可された金融機関やその他の企業が、テクノロジーベースの革新的ソリューションをテストする環境である。

そして同社の関係者は、今回Rain Financialが1年のFintech Sandboxの在籍期間を経て、「認可待ちリスト」に掲載されたことを明らかにした。

現地スタートアップ向けの非営利コーワーキングスペースであるバーレーンFintech BayのCEOを務めるKhalid Saad氏は、Rainが最も発展していて、最初にFintech Sandboxに登録された取引所であるため、卒業に一番近い取引所であると述べ、登録されている複数の仮想通貨取引所の中でも、比較的認可を受けやすい位置にいることを示唆した。

さらにSaad氏は、現在、その地域には公式に認可されている仮想通貨取引所が存在していないことから、Rainが最初に認可される仮想通貨取引所になることを願うばかりだと続けている。

中東地域において、クウェートの規制機関は、機関投資家が仮想通貨との関わりを持つことを禁止し、サウジアラビアの金融局は2018年8月に同国において認可された仮想通貨取引所は存在していないと主張しており、同業界が厳しく規制されていたことを述べた。

しかし、Rain Financialはそれらの規制局に対し、辛抱強く、世界中の既存仮想通貨取引所のアンチ資金洗浄(AML)や本人確認(KYC)などの説明や、同社もその基準に則っていくことを主張し、最終的に現地中東通貨との取引を可能にする金融機関パートナーの獲得に至ったとされている。

期待されるアラブマネー

ドバイは、ブロックチェーン技術を使用したスマートシティ計画を進めるなど、仮想通貨関連技術に対して比較的寛容ではあるものの、中東の投資家は、規制環境や、不透明性、安全性などの理由により、多数が仮想通貨市場に未だ参入できていないのが現状であると言える。

今後Rain Financialのような中東の公式機関によって認可され、中東域の法定通貨を介して仮想通貨取引市場へのアクセスが解放されることで、原油や天然ガスなどによって蓄積された”莫大な富(アラブマネー)”が市場に流れ込んでくる可能性があると指摘された。

Rain Financialの共同創業者Badawy氏は、この機関投資家からの関心について、以下のようにコメントしている。

「仮想通貨に関心を持つ投資家は、適切な規制と適切なパートナーを待ち望んでいる。そして、私たちは機関基準のインフラを整え、この需要を埋めるのだ。」

Rain Financialのサービス開始は2019年を予定しており、その開始に伴って、中東の多くの機関投資家、一般投資家が参入してくる第一歩になるのではないかと期待されている。

CoinPostの関連記事

2018-10-09 15:25
2018-09-11 08:09
CLOSE
CLOSE