ビットコインのブロックサイズを「ハードフォークなしで拡大」する提案を発表|3584倍の処理能力向上の可能性も

ビットコインのブロックサイズを「ハードフォークなしで拡大」する提案を発表|3584倍の処理能力向上の可能性も

ビットコインのブロックサイズを「ハードフォークなしで拡大」する提案を発表|3584倍の処理能力向上の可能性も
ビットコイン:スケーラビリティ問題解決へ
ブロックチェーンスタートアップ「Blockstream」の共同設立者であり、ビットコインコアの開発者Mark Friedenbach氏は、東京で行われたカンファレンスにて、ビットコインのスケーラビリティ問題の解決策を提示した。開発者らなどからは賛否両論が巻き起こっており、大変注目を集めている

スケーラビリティ問題解決へ

ビットコインの抱える問題にスケーラビリティ問題が挙げられる。

スケーラビリティ問題とは、ビットコインのブロック生成におけるトランザクションが混雑することで、送金の遅延が発生したり、取引手数料が高騰することを指す。

ビットコインのプロトコルをどのように変更するかということは長年の大きな課題の一つであり、ビットコインのような巨大な分散システムにおいて合意形成することは極めて難しいとされている。

先日この問題に対して、一つの解決策となりうるアイデアが発表された。

ブロックチェーンスタートアップ「Blockstream」の共同設立者であり、ビットコインコアの開発者Mark Friedenbach氏は、東京で開催されたカンファレンス「Scaling Bitcoin workshop」にて、その画期的な提案をした。

その提案は「Forward Blocks」と題され、内容としては主要なオンチェーンのキャパシティを、ソフトフォークによるプルーフ・オブ・ワーク(PoW)の変更により処理能力向上させ、またブロックサイズの拡大の可能性もあるというものである。

その中の一つには、主要仮想通貨の一つイーサリアムでは、送金遅延や手数料増加など「スケーラビティ問題」に対する解決策の一つとしてSharding(シャーディング)を利用しているようだ。シャーディングとはデータベースを水平方向に分割、検証作業を並列化することで、これによりイーサリアムは処理能力の大幅向上を図っている。

同氏はこのシャーディングと呼ばれる技術を用いることにより、トランザクションの処理容量が現在の3584倍にまで向上し、センサーシップ・レジスタンスも改善されると主張している。

センサーシップ・レジスタンスとは、直訳すると「検閲耐性」となり、いかに過去の取引記録などのデータ改ざんが行われにくいかという耐性の度合いを表す言葉。

以前にGavin Andresen氏やMike Hearn氏はブロックサイズの容量拡大(SegWit2x)を提案したものの、ブロックサイズを1MBのまま変更すべきでないとするメンバーと対峙、結果としてビットコインにはブロックサイズの拡大を行うハードフォークは実行されなかった経緯がある。

ブロックサイズ拡大のビッグブロック派を推すコミュニティも誕生したことで、ビットコインキャッシュが誕生するなるなど、ビットコインのブロックサイズの問題は極めて重要な論点であると言える。

(なお、ビットコインキャッシュは、このトランザクション処理の観点に力を入れており、度々のアップデートを発表している。)

それゆえ今回提案をした同氏は、ハードフォークを適用せず、どのように大きな変更を容易に実行するか、その方法を模索し続けていた。

同氏は以下のように述べている。

「Forward Blocks」にとって今までの議論を無意味なものだ。もしソフトフォークで解決しようと決めたのなら、ビットコインのスケール拡大にハードフォークは必要ではない。SegWitのようにソフトフォークでも達成可能なはずだ。

Segwitは「スケーラビリティ問題」、「トランザクション展性」の2つの問題を解決するために生まれた技術で、詳細は以前のコインポストの記事をご参照ください。

この提案に対してBlockstreamのCEO、Adam Back氏は「実用化されるかは別として、新たな仕組みを発見することは有益だ。極めてシンプルなものだが、興味深い。」と評し、ビットコインコア開発者Karl-Johan Alm氏は、実用化するかは不明瞭なものの「技術的突破口だ。」としている。

批判的な意見も

一方で批判的な意見も出ている。その意見の一つにビットコインのような分散型ネットワークに大規模な変更を加えることが厳しいというものがある。

Shinobimonkey氏は「アップグレードという名のネットワーク攻撃だ。」と発言。Twitterでも今回のカンファレンスについて痛烈に批判している。

今回の提案に対して賛否両論はあるものの、この提案がきっかけとなりスケーラビリティ問題にはより関心が高まっている。

これがスケーラビリティ問題解決への突破口となるのか、その動向には要注目です。

CLOSE
CLOSE