「仮想通貨はコモディティ(商品)」米連邦裁判所の判決に関してCFTCが公式文書を公開

「仮想通貨はコモディティ(商品)」米連邦裁判所の判決に関してCFTCが公式文書を公開

「仮想通貨はコモディティ(商品)」米連邦裁判所の判決に関してCFTCが公式文書を公開
マサチューセッツ州地方裁判所がCFTCが仮想通貨の規制する権限があると判決
アメリカの連邦裁判所で仮想通貨は商品(コモディティ)であるという判決が下された。米国における裁判所の判決には多大な法的拘束力がある為、今後のアメリカの仮想通貨規制に大きな影響があると思われる。

仮想通貨はコモディティ 連邦裁判所判決に関する公式の文書公開

本日、アメリカの商品先物取引委員会(CFTC)の公式ツイッターから連邦裁判所が仮想通貨はコモディティ(商品)であると判決下した事を発表した。

今回、重要な部分は、米商品先物取引委員会(CFTC)から公式発表があり、正式な文章が載せられていることだ。

出典:cftc.gov

これはCFTCが仮想通貨市場での不正を捜査、排除する権限を有している事を改めて承認する重要な判決だ。

3月に公開されたCabbage Tech社に対するニューヨーク連邦裁判所の判決と同様、1936年の商品取引所法における商品(コモディティ)の定義を認め、CFTCが仮想通貨を含めた商品における不正行為を起訴する権限がある事を認めることとなった。

今後も他の規制機関と連携してこの市場(仮想通貨市場)を監視していく。

とアメリカの商品先物取引委員会の警備課長James McDonald氏は述べた。

アメリカの法制度では裁判所の判決は実際の法律と同等の法的拘束力を保つ為、今回米国の連邦裁判所で仮想通貨が商品とみなされたことは重要な判決であると言える。

10月2日に、CoinPostから出している記事で、CNBCの「Fast Money」内でCFTC委員長であり、「クリプトの父」(Crypto Dad)の愛称で仮想通貨コミュニティから呼ばれているChristopher Giancarlo氏も仮想通貨やビットコインについて言及した。

詐欺と相場操縦対策に注力している。先週ボストンの連邦裁判所から詐欺や相場操縦を起訴する権限を与えられた。

CoinPostの関連記事

2018-10-02 12:18
2018-09-27 12:17
CLOSE
CLOSE