『バーンレート底上げのため、今年中のビットコイン100万円突破は難しい』仮想通貨投資会社CEO Novogratz

『バーンレート底上げのため、今年中のビットコイン100万円突破は難しい』仮想通貨投資会社CEO Novogratz

『バーンレート底上げのため、今年中のビットコイン100万円突破は難しい』仮想通貨投資会社CEO Novogratz
ビットコインの低調は、『バーンレート』底上げのため
ゴールドマンサックスの元トレーダーNovogratz氏は、ビットコイン100万円が難しい理由として、「自社のバーンレートを満たすため、保有BTCを売却して資金確保する場合があり、BTC価格が抑制される」などと指摘した。
仮想通貨市場の見通しは明るい
2019年には機関投資家の資金が仮想通貨市場に行き渡り、第2四半期にはビットコインも9千ドルまで価格を戻すという。その証拠として、Novogratz氏はヘッジファンドによるCoinbaseへの大規模投資を挙げた。

ビットコインの低調は、『バーンレート』底上げのため

昨日10/5(水)、ニューヨークで開催されたThe Economist誌主催のFINANCE DISRUPTED 2018にて、有名投資家のMichael Novogratz氏(以下Novogratz氏)が、ビットコインや仮想通貨市場の今後について語りました。

仮想通貨専門の商業銀行「Galaxy Investment Partners」CEOで億万長者のNovogratz氏は、「(ビットコインが)今年中に9千ドル(約100万円)を突破するのは難しい」と指摘しました。

ビットコインは、2018年だけで-53%も価格を落とし、現在75万円付近で取引されています。

世界最大級の金融機関ゴールドマン・サックスのマクロトレーダー(主要経済傾向や政治動向を見据え、マクロ指標の予想に基づき各種市場で投資を行う)であったNovogratz氏によれば、自社の『バーンレート』を満たすため、保有ビットコインを売却して資金確保する場合があり、そのために価格が抑えらえているのだと指摘しています。

バーンレートの影響

『バーンレート』は、資本燃焼率とも訳され、ある会社の運営に必要な一ヶ月あたりの資金のことを指し、ベンチャーキャピタルがスタートアップへの出資を判断する際などに使われる、経営状態の指標の一つとされています。

Novogratz氏によれば、今年充分な収入を得られなかった企業が、ビットコインを売り払って現金化しているのです。

おそらく、昨年の仮想通貨ブームのようにはいかなかったのでしょう。

Novogratz氏、仮想通貨市場を明るく見通す

Novogratz氏は、2018年に仮想通貨市場全体の時価総額は2兆ドル(約230兆円)まで膨らみ、ビットコインも4万ドル(約460万円)まで上がると予想していた時期もありましたが、その後大幅に下方修正して、適正市場時価総額は8千億ドル(約92兆円)とし、2019年もこの規模に留まるだろうと述べました。

現在の市場総額は、その規模にも至ってはおらず、現時点で2千億ドル(約23兆円)程度です。

それでもNovogratz氏は弱気ではありません。

2019年には機関投資家の資金が仮想通貨市場に行き渡り、来年後半には昨年のような「仮想通貨に投資しないと取り残される」ような気運が戻るだろうと言及しています。

Novogratz氏は来年の第2四半期までには、ビットコインも9千ドル(約100万円)まで価格を戻すと考えています。

その証拠の一つとして、情報通で知られるヘッジファンドのTiger Globalが仮想通貨取引所Coinbaseに対し、5億ドル(約570億円)もの投資を行ったと指摘しました。

「この投資こそが、仮想通貨市場に8千億ドル(約92兆円)の価値があると言うことを象徴している。Tiger Globalは変人じゃない…賢く、物をよく知る人たちだ」

「来年には、年金基金や寄金も市場に入ってくる可能性がある。でなければ文字通り、僕は裸足でここに戻ってくることになるだろうね。」

CoinPostの関連記事

2018-09-27 18:04
2018-05-10 16:44
CLOSE
CLOSE