『ビットコインは世界中でブレークアウト寸前』マルタのサミットでdeVere CEOが言及

『ビットコインは世界中でブレークアウト寸前』マルタのサミットでdeVere CEOが言及
deVere CEO、市場の盛り上がりが近いと予測
deVere CEOのNigel Green氏は、ビットコインやその他の仮想通貨はいままさに世界中でブレークアウトをみせる寸前まできており、これは主にはFOMOによって起こると話した。
FOMOの拡大
Green氏は、ビットコイン価格が昨年の急騰時ほどの推移を見せなかったとしても、仮想通貨に取り組む機関の間では、これを手放してしまうと他の機関に遅れをとってしまい追いつくのが難しくなるという感覚が拡大していると話した。
FOMOとは
fear of missing outの頭文字をとった言葉で、周囲に取り残される・何かを見逃してしまうといった恐怖を意味する。情報化が加速するここ数年で現れたバズワードの一つ。


CoinPost:仮想通貨用語集

deVere CEO、市場の盛り上がりが近いと予測

ビットコインは今年紛れもなく苦しい時期を過ごしており、ボラティリティの高さや規制の強化の可能性があるため、今後の仮想通貨市場は未だ不明瞭なままです。

こうした状況にも関わらず、deVere CEOのNigel Green氏は、投資家たちが競い合って投資を行うに連れ、ビットコインの市場拡大も加速するだろうと予想しています。

同氏は、マルタでのブロックチェーンやデジタル関連のテーマに関するDELTAサミットに先立って、以下のように語りました。

ビットコインやその他の仮想通貨は、今まさに世界中でブレークアウト寸前まできていると私は考えている。

これは、主にFOMO(周囲に取り残されてしまうのではないかという恐怖や焦燥感)によって起こると予想している。仮想通貨は日々拡大しており、金融業界だけでなく、テック企業や小売業でもその採用が相次いでいる。

FOMOの拡大

ビットコインの市場全体におけるシェアは、ここ数ヶ月低下の傾向にあります。

Green氏は、ビットコイン価格が昨年の急騰時ほどの推移を見せなかったとしても、いくつかの機関はこの市場への注力をやめないだろうと話しています。

Green氏は、以下のように続けました。

仮想通貨を採用・保有する機関の中で、これを手放してしまうと他の機関に遅れをとってしまい、追いつくのが難しくなるという感覚が拡大していると感じている。

特に、一般のユーザーが仮想通貨への意欲を高めるにつれ、この傾向は顕著になっている。昨年ほどの価格急騰が起こるかはわからないが、仮想通貨がお金の未来の形だという認識の拡大に伴い、また年末にかけて価格が上昇しても不思議ではないと感じている。

また、Green氏は、マルタのJoseph Muscat首相の「マルタをブロックチェーン国家にしたい」との発言に伴う同政府のビットコインへのアプローチについても、以下のように述べました。

革新的で前向きな、マルタ政府の仮想通貨とブロックチェーンへの取り組みによって、マルタはこの成長著しい市場におけるグローバルリーダーとなっていくだろう。

こうした今後の市場に関しては、Galaxy DigitalのCEOであり有名投資家のMike Novogratz氏が、以前、ヘッジファンドや銀行などの機関が今後一斉に仮想通貨市場へ参入してくるだろうと話していました。

同氏は、以下のように述べています。

既存の投資家が仮想通貨への投資を始めるインフラが整うようになれば、強気相場が訪れるだろう。今後3〜6ヶ月のうちに巨大な投資機関が参入し、そうした状況が訪れるようになると考えている。

こうした予測を踏まえ、同氏は2019年1月には仮想通貨市場におけるFOMOが始まり、これによって市場は新たな成長を迎えることになるだろうとしています。

CoinPostの関連記事

2018-09-23 15:45
2018-08-20 09:01

スポンサーリンク