リップル社SWELLが開幕:1日目内容まとめ|xRapidの商用化を新発表・クリントン氏の発言も掲載

リップル社SWELLが開幕:1日目内容まとめ|xRapidの商用化を新発表・クリントン氏の発言も掲載

リップル社SWELL1日目開幕|xRapidの商用化を新発表・クリントン氏の発言も掲載
SWELLが開幕
米リップル社が主催する国際カンファレンス「SWELL 2018」が、日本時間本日未明開幕。注目された仮想通貨XRPを利用するxRapidの商用化発表が行われ、注目の元米大統領ビル・クリントン氏による公演内容も明らかになった。

SWELL開幕

米リップル社が主催する国際カンファレンス「SWELL 2018」が、日本時間本日未明開幕。注目の1日目の発表内容が少しずつ明らかになってきている。

開催期間としては、10月1日〜2日(日本時間の10月2日〜3日)となる。

出典:Swell公式サイト

会場の風景

まずリップル社は、本日のカンファレンス会場の動画風景を公開した。

本日の注目内容

1日目のイベント内容として注目されたのは、主に以下の2点

1.米国の元大統領(42代目) ビル・クリントン氏の公演内容

2.リップル社CEOの発言

3.xRapid関連の発表

ビル・クリントン氏の公演内容

元米大統領ビル・クリントン氏がSWELL 2018年のスピーカーとして登壇し、注目を集めた。

1993年から2000年まで第42代アメリカ合衆国の大統領を歴任したクリントン氏はブロックチェーン技術のアクセスの格差を90年代後半のeコマースになぞらえ、

ブロックチェーン技術、AIやロボット技術の開発が進めば進むほどアクセスの格差が感じられる。

と述べた。

また新技術がテロ団体や犯罪者に利用されるリスクを認識しながらも、

ブロックチェーンの多大な可能性はその国境や所得層を超える性質にある。

…古い規制体制を新技術に当てはめてはならない。

と述べました。

その他にも、ブロックチェーン技術に関して、クリントン氏は

可能性や使用事例は極めて大きい。

しかしマイナスなアイデンティティ政治や金融、また社会政策で台無しにしてしまう可能性もある。

として、「金の卵を産むガチョウ」を殺してはならないと強調した。

昨年トロントで開催されたSWELL 2017ではベン・バーナンキ氏が登壇した。

リップル社CEOのGarlinghouse氏もクリントン氏の発表後、同氏の発言に同意した。

xRapid関連の発表

Coindeskの独占報道によれば、本日サンフランシスコにおけるリップル社主催のカンファレンス『Swell』にて、CEOのGarlinghouse氏は「我々は、xRapidが商品化したことを発表する。すでに、メキシコでCuallix(大手決済金融サービス)と提携し、xRapidを導入した。」と、発表した。

また、リップル社の公式ブログは、 「xRapidが商業化可能となりました。複数のクライアント金融企業=MercuryFX、Cuallix、Catalyst Corporate Federal Credit Unionなどが導入したことを発表します。」

今回の発表により、リップル社は3つのクライアントに仮想通貨XRPを利用するプロダクトxRapidを商品化させて導入したことを発表した。

今回商用化したxRapidを導入した企業3社の簡単な概要

  1. ・MercuryFX社とは、国際送金決済を行う企業。
  2. ・Cuallixは、xRapidを試行した、米国とメキシコの間での送金を促進する企業。
  3. ・Catalyst Corporate Federal Credit Unionとは、主に米国における1400以上の信用協同組合へ様々な金融サービスを提供するリップル社の提携企業。

CoinPostの関連記事

2018-09-18 22:50
2018-10-01 21:56
CLOSE
CLOSE