bitbankが注文殺到時の新ルール発表|SWELLを控える仮想通貨XRP(リップル)への対応か

bitbankが注文殺到時の新ルール発表|SWELLを控える仮想通貨XRP(リップル)への対応か

bitbankが注文殺到時の新ルール発表|SWELLを控える仮想通貨XRP(リップル)への対応か
Bitbankが逼迫時の対応を発表
仮想通貨取引所bitbankは、公式ブログにて「注文逼迫時(行き詰まって余裕のなくなる状態)における新規取引ルールの導入」を発表、同プラットフォーム内で出来高が急増しているXRP/JPYのマーケットの状況を挙げ、今後の対応を説明した。

Bitbankが逼迫時の対応を発表

仮想通貨取引所bitbankは、公式ブログにて「注文逼迫時(行き詰まって余裕のなくなる状態)における新規取引ルールの導入」を発表、同プラットフォーム内で出来高が急増しているXRP/JPYのマーケットの状況を挙げ、今後の対応を説明した。

新ルールの内容は以下の通りとなる。

ルール詳細

注文の逼迫時における、成行注文の発注の一時的な制限

さらなる注文の逼迫時における、最小注文数量の一時的な引き上げ

ルール適用開始日:2018年10月2日(火)より順次適用

ルール改定に伴う逼迫時の状況とは、取引ペアの人気が高まり、注文が殺到することでプラットフォームへの負担が過多になることを指しており、今回の新ルールはその状況を一時的に緩和させる対応策であると思われる。

なお、今回発表された新ルールの他に、注文逼迫状態における性能の担保を目的とした、マッチングエンジンの性能改善の開発を進めていることが明らかになっている。

今回の新ルール発表の背景

新ルール発表の背景には、日本国内でのXRP(リップル)取引の人気再拡大があると言える。

bitbankは、販売所形式が主流な日本国内において、板取引アルトコインを安く手に入れることが出来る取引所として注目を集め、特に日本での人気が強いXRP取引の出来高において、6月のデータで「月間XRP取引量世界1位」を記録するなど、世界の取引所の中でも高いXRP取引高を有する取引所として知られている。

同取引所は、先日起きた(下記のチャート参照)XRPの急騰時にも、かなり多くの取引が行われており、その当時の世界出来高ランキング(CoinMarketCap参照)でBinanceを超える4位に位置していた。

今回、Bitbankが注文の逼迫時として例に挙げたと思われる「XRP/JPYにおける約定結果反映の遅れや、約定済みの取引においてキャンセルボタンが表示されていた事象」も、9月21日夜にユーザーから確認された事象と一致することから、 急騰当時の状況を指しているだろう。

また、XRPに関連するリップル社の大きな動きとして、日本時間1日23:00〜2日にかけて開催される、米Ripple社の大規模カンファレンス『SWELL2018』に合わせて、再度取引が盛んに行われることが予想されている(材料による急騰、事実売りなど) ことから、新ルールの設定といった早急な事前対応が行われたのではないかと考えられる。

bitbankの他に、海外取引所Poloniexは当時、サーバー自体がダウンしたことで、取引所へのアクセスが一時中断するなど、XRPの取引が世界中で盛んに行われたことが明らかになっており、何れにしてもbitbankのように、明日以降の取引量急増におけるサーバー負担や取引障害を一部ヘッジする動きは、ユーザーにとっても利用する上で安心感を与えることになるだろう。

また、逼迫時における「成り行き注文」の一部制限などにより、より厳しい状況下になるのではないかとの声もあるが、取引所自体が動かなくなってしまった場合、少なからず価格への影響が生じることを踏まえると、これらの新ルール制限により、公式発表通り「取引環境を安定させるためのルール改定は、「SWELL」のタイミングに合わせた発表として、適した動きと言えるのではないだろうか。

数点疑問も浮上

ただし、今回の発表において、数点疑問点も浮上している。

1. 注文の逼迫時とは、どの程度までの取引量を指すのか?

2. 最小注文数量の一時的な引き上げは、どこまで引き上げが行われるのか?

これらに関する具体的な数字は、取引を行うにおいて重要な値となるため、公式での追加発表が待ち望まれていると言えるだろう。

CoinPostの関連記事

2018-09-22 00:11
2018-10-01 11:15
CLOSE
CLOSE