リップル『SWELL 2018』前夜にRippleNet委員会発足|イベント内容はYoutube発信予定

リップル『SWELL 2018』前夜にRippleNet委員会発足|イベント内容はYoutube発信予定

リップル『SWELL 2018』前夜にRippleNet委員会発足|イベント内容はYoutube発信予定
リップル主催「SWELL 2018」本日開幕
サンフランシスコで10月1日・2日の2日間、リップル主催の国際カンファレンスが開催され、世界中から多くの関係者が集まる。 日本時間今夜のオープニングには、クリントン元大統領の基調講演も予定される。様子は各SNSで公開予定。
開幕前夜にRippleNet委員会発足
同社運営の国際送金ネットワークRippleNetには、多くの銀行が受け入れの態度を示しており、 健全なネットワーク拡大を目指す委員会が発足された。委員には邦銀も参加し、今後も継続的に活動予定である。

リップル主催「SWELL 2018」本日開幕

本日、日本時間23:00(現地時間7:00)より、リップル社の主催する国際カンファレンスがいよいよ開幕します。

技術・金融・政策のエキスパートが世界中から結集するSWELL 2018は、 米国サンフランシスコで10月1日・2日の2日間に渡る開催となります。

サンフランシスコはリップルの本拠地であり、多くのフィンテック企業・シリコンバレー企業の故郷です。

昨年のカナダ・トロントに続く2回目の開催となるSWELL 2018の様子は、同社ウェブサイトのほか、 TwitterLinkedInFacebookの各SNSを通じて発信されます。

また各セッションは録画され、その日のうちにYoutubeチャンネルで公開予定です。

カンファレンスの内容は

カンファレンスのオープニングはクリントン元大統領による基調講演、およびリップルCEOのBrad Garlinghouse氏による開幕の辞でスタートする予定となっています。

クリントン元大統領は、任期中にインターネット時代の幕開けを経験した当事者です。

ブロックチェーン黎明期を迎え、情報技術時代の第二フェーズとも言える時代に突入した私たちに、これから何を考えていかねばならないのか話してくれるでしょう。

2日間の主な予定は以下の通りですが、会期中はアジェンダ外から大きなニュース

が飛び出す可能性もあり、一つ一つの動きを見逃せません。

9/1(月)

  • Santander Flashtalk: 大衆向け決済アプリをローンチするには
  • Embracing Blockchain Across Europe
  • Central Banks Show and Tell
  • Movers and Shakers: ライトニング・ラウンド

9/2(火)

  • Survey Says (Cory Johnson氏、私的リサーチによる発見を明かす)
  • Crypto Regulation Around the World
  • The Future of Commerce
  • Siam Commercial Bank Flashtalk: どうやってリテール送金を改善したのか
  • BeeTech & InstaRem Flashtalk: カスタマーエクスペリエンスの改善
  • TransferGo: クロスネットワーク決済の解決
  • Futurists Panel
  • The 800 Pound Gorilla: 仮想資産の採択

開幕前夜にRippleNet委員会発足

仮想通貨市場におけるRipple(XRP)への熱狂をよそに、今年のSWELLカンファレンスは、現実世界におけるブロックチェーン技術の活用に焦点を当てています。

そのため、銀行業界からも多数の参加者が集まる予定です。

昨年開催された「SWELL2017」は、トロントで同時開催されていた「SIBOS」カンファレンスにぶつける形で敢行されました。

SIBOS(SWIFT International Banking Operations Seminar)は、国際銀行間通信協会(SWIFT)による国際会議で、 世界中から金融機関関係者が集まります。

昨年時点では、(金融界の)小人が巨人と戦うような趣きもあるとされていましたが、今年の「SWELL2018」には、RippleNet(同社運営の国際送金ネットワーク)を使ったリアルタイム決済技術を受け入れる多く銀行関係者が集います。

すでにSWELL開催前夜には、健全なネットワーク拡大を目指すRippleNet委員会が催されました。

リップル本社には、三菱UFJ銀行とSBIホールディングスに加え、バンク・オブ・アメリカ(米)、メリルリンチ(米)、ウエストパック銀行(豪)、スタンダードチャータード銀行(英)、サンタンデール銀行(西)、サイアム商業銀行(泰)、アメリカン・エキスプレス(米)から代表委員が集いました。

委員会では、RippleNet決済ネットワークの活用拡大に向け、ネットワーク内標準化のルール作りが話し合われました。

これらの委員たちは今後も年に数回集まり、RippleNetのクロスボーダー同時取引一件一件について、オペレーション標準性・迅速なオンボーディング・法的明瞭性が担保されるよう、仕組み作りをしていきます。

この動きはドラマティックな初年度開催だったSWELL2017とは対照的で、リップル社がシリコンバレーの情熱と銀行業界の保守性を上手くコンビネーションさせるような、素晴らしいリーダーシップを発揮していることが見て取れます。

今年も「SWELL2018」から目が離せません。

CoinPostの関連記事

2018-09-18 22:50
2017-10-19 15:27
CLOSE
CLOSE