英国ではロンドン市民が仮想通貨市場をリードか|米中英のビットコイン投資データ

英国ではロンドン市民が仮想通貨市場をリードか|米中英のビットコイン投資データ

英国ではロンドン市民が仮想通貨市場をリードか|米中英のビットコイン投資データ
米中英、各調査が示す仮想通貨人気の増加
米国、中国、そしてイギリスでも仮想通貨の投資に関する人気度や割合等の調査結果が発表されており、仮想通貨に対する投資や期待値はポジティブな傾向に見られる。

米国のミレ二アル世代、1/4が仮想通貨を購入希望

仮想通貨関連サービスを提供する米国企業「Circle」社は最近、3,000人以上による仮想通貨に関する調査を行いました。

調査結果の概要は、以下のようになります。

  • 1. すべての世代を含めて、男性は同世代の女性に比べ、18%:7%という大差をつけ、これから1年内に仮想通貨に投資予定がある
  • 2. ミレ二アル(20代~30代後半)4人中に1人は、1年以内に仮想通貨を購入することへ興味を示し、団塊世代(50代半ば~70代)の10倍以上に上る

さらに、1,000ドル以下の仮想通貨投資をしているミレ二アル世代は71%を占めており、しかも調査されたミレ二アルの25%は『確定拠出個人年金』から一部の財産を仮想通貨に充てるとのことです。

出典:Circle

出典:Circle

中国の新中産階級における経済調査

中国の著名ネットチャネル“吴晓波频道”で行われた2018年新中産階級ホワイトペーパー という中国新中産階級の10万人を対象とした経済調査アンケートによれば、およそ3%が「ビットコイン等の仮想通貨」を所有しており、しかも「財産の10%以上が所有量となっている」のが、調査対象人口の50%となっている模様です。

また同調査では、最も人気のある投資商品が「銀行の定期預金/銀行のファンド」であり、≒64%となっています。

出典:吴晓波频道

英国ではロンドン市民が仮想通貨投資をリード

また、ロンドンに本社を置くイギリスの投資管理大手企業Rathbone Investment Managementによる、イギリス全国から成人対象者1503人とした最新調査では、仮想通貨の投資計画を持つ回答者が13%であるのに対し、ロンドン在住の投資家は30%に達している模様です。

なお、約13%の仮想通貨投資家は、「現在の財産は、BTCやETHによるもの」だと答え、全国ではわずか4%とされています。

同社社長Robert Hughes-Penney氏は、この結果に関してこのように語りました。

黎明期からの所有者が儲かっていることが知り渡り、同じような利益を求める人は増えている。

以上の数字からすると、比較的に短期的目標を持つ英国ロンドンの投資家は「ビットコインブーム」に乗りやすくなり、その分野外の投資家は何がハイリスクであるかはっきりと認識しているようだ。

さらに、若年層ほど仮想通貨へ投資する傾向が見られます。

35歳以下の37%は将来仮想通貨へ投資すると答え、一方で45歳以上の回答者の中に4%しか存在しません。

なお、現金定期預金(Cash IRAs)や株式等の伝統金融を利用している人口が大半以上であることが、今現在のリアリティのようです。

CoinPostの関連記事

仮想通貨XRP(リップル)は、26日早朝に反発を見せ、仮想通貨市場が全面安の中、価格が上昇しプラスに転じた。 これは本日早朝に明らかになった2つの材料に反応した可能性がある。
2018-09-23 10:45
CLOSE
CLOSE