Cboe専門家「ビットコイン価格の底値打ちはしてない」今後の展開を不安視

Cboe専門家「ビットコイン価格の底値打ちはしてない」今後の展開を不安視

Cboe専門家「ビットコイン価格の底値打ちはしてない」今後の展開を不安視
ビットコインは底打ちしていない
ビットコインが安定を見せ、投資家が楽観視する一方で、CBOE主催The Options InstituteのKevin Davitt氏は、ビットコイン及び仮想通貨市場は、このような持ち直しの後は必ず当年最低値へ大幅下落してきたと警告する。
今週のビットコイン値動きに注目すべき
Davitt氏は、持ち直し後の下落という一連の動きは、記録上、正確に繰り返されてきたと主張する。しかし、アルトコインの急上昇にもビットコインは動じず、安定を見せている。今週のビットコイン、アルトコインの動きで今後の方向性が見えてくる重要な局面にある。

ビットコイン安定も、底打ちはしていない

仮想通貨市場が7月以降の盛り上がりに沸くなかで、 時価総額最大通貨のビットコインは僅かな値下がりに留まりました。

市場全体として今年の最底値を見せた際も、 ビットコインは$6,000(約680,000円)に留まるなど、安定性が増しています。

それでもシカゴ・オプション取引所(以下CBOE)のオプション専門家は、 このような盛り返しが最終的にどうなるかを踏まえると、ビットコインはまだ底打ちしていないと主張しています。

投資家は楽観視する一方、CBOEの専門家はビットコイン大幅下落に不安視

市場のセンチメントが過去最低に近づくのに対し、 直近の盛り返しでは、ビットコインが$6,000(約680,000円)弱から$6,600(約740,000円)へ穏やかに上昇しました。

出典:TradingView

このことは、仮想通貨市場は既に底を打ったのだ、もう上がる道しかないのだと投資家たちに希望を与えました。

この希望的観測は、Fortress Investment GroupのファンドマネージャーであったMike Novogratz氏など、 今年末$10,000(約1,130,000円)以上でコールする分析家の存在やインダストリー専門家からの意見に支えられてもいます。

投資家たちが慎重ながらも楽観を示すなか、 CBOE Global Marketsの主催するThe Options Instituteでシニア・インストラクターを務めるKevin Davitt氏(以下Davitt氏)は、警告を促しています。

Davitt氏によれば、ビットコイン及び仮想通貨市場は、このような持ち直しがこれまでにもあり、 そしていつも必ず最終的には当年最低値へと(底値割れをして)大幅下落を記録してきた過去があり不安視している様です。

Davitt氏はニュースレターの中で、以下のように述べています。

「これは恐らく、仮想通貨市場が何か月も抑圧された後の意味ある値上がりの始まりだ。 ただし、これが継続するかは後にならないと分からない。」

「ビットコインが今年一月初旬に大きな下落をはじめてから、これまでに少なくとも5つの大幅な%値上がりがあった。 仮想通貨全体のボラティリティは短期的に静まるかもしれないが、それが続くなんて保証はどこにもない。」

ビットコインは今週どう動くか

仮想通貨市場は月曜日に落ち着き、アルトコインが値下がりする一方でビットコインは安定を見せました。

しかし、値動きに対するDavitt氏の警告として、記録上このような値動きが正確に繰り返されており、 一月の大下落以降、ビットコインが持ち直すたび、その後は更に低い価格へ落ち込む上値を切り下げる動きをしてきました。

出典:TradingView

とは言え、ビットコインの安定性は増してきています。

アルトコインが大きな値上がりを見せた一方で、 ビットコインは月初の月間最高値$7,400(約830,000円)から落ち込んでいるものの、 直近3週間は$6,200~$6,900(約700,000~780,000円)の間で推移しています。

ビットコインの安定は投資家に強気な感情をもたらし、 多くのアルトコインがここ数日で20%の急上昇することになりました。

この上昇は、爆上げしたRipple(XRP)がリードした他、XRPと競合するStellar(XLM)も連続の二桁続伸を記録するなど価格上昇を記録しています。

今週アルトコインが急上昇から安定に戻るかどうかという点と、ビットコインが値を戻す動きが続くかどうかが、投資家たちに方向性を示す重要な動きとなるでしょう。

CoinPostの関連記事

2018-09-24 14:50
2018-09-23 10:45
CLOSE
CLOSE