SBI RemitとBitPesaが提携|アフリカと日本間の送金・決済インフラ向上へ

SBI RemitとBitPesaが提携|アフリカと日本間の送金・決済インフラ向上へ

SBI RemitとBitPesaが提携|アフリカと日本間の送金・決済インフラ向上へ
SBI RemitとBitPesaとの提携
日本で送金サービスを提供するSBI Remitとケニアを基盤にブロックチェーン技術を使用した決済サービスを提供するBitPesaが提携を行った。この提携により、日本とアフリカ間の決済インフラが向上すると期待されている。
BitPesaの今後の取り組み
BitPesaは、イギリスのFCAやスペインの中央銀行などに認可されており、ヨーロッパとアフリカの経済取引も促進しようと試みている。そして、BitPesaのCEOも世界中の他の地域とアフリカの繋がりも構築していきたいと示唆したことから、今後のさらなる発展が期待されている。
SBI RemitとBitPesaとの提携
日本で金融関連の幅広いサービスを展開するSBIの送金会社SBI Remitが、アフリカでブロックチェーン基盤の決済サービスを提供するBitPesaと提携を行なったことが明らかになりました。 BitPesaは、国境を跨いだ企業間での決済を安価にし、効率化することを目的として2013年にCEOのElizabeth Rossiello氏(以下、Rossiello氏)によって創業されました。 現時点でガーナ、ケニア、ナイジェリア、セネガル、タンザニア、ウガンダ、コンゴ民主共和国の7カ国にてサービス展開を行い、85カ国の国々への送金を可能にするほどに成長しています。 そして、今回の提携によって、両社はブロックチェーン技術を使用し、2大陸間での国際決済における摩擦をなくし、効率化をもたらすことで、日本とアフリカ間の経済取引を促進させることができると考えられています。 Rossiello氏は、日本企業がアフリカ市場に関心を示していると語り、その参入障壁となっていた未熟なインフラが整いつつあることを以下のように示唆しました。
アフリカの顧客が(日本企業に)直接支払いをできる方法が必要とされていた。 アフリカへの関心は高まって来ているが、ビジネスを促進するための市場の状況やハイブリッドな金融インフラの欠落から、多くの企業がその参入に踏み切れずにいた。 しかし、SBI Remitとの提携によって、私たちは、安全で迅速な為替ソリューションを提供することが可能になり、日本企業は発展途上国の主要8通貨と日本円を含むG20の通貨で直接取引できるようになる。 そして、アフリカの大手銀行やモバイル口座と直接やり取りできるようになるのだ。
BitPesaの今後の取り組み
日本とアフリカにおいて多くの分野で関心が寄せられている中、SBI RemitおよびBitPesaは、特に日本コスメ、電子機器、中古車の分野に注力していくことを示唆しました。 Rossiello氏は、特に中古車市場ではオンライン売買においてケニアの通貨をまずG20の通貨に変換し、その後、日本企業への支払いに向け、日本円に再度変換しなければならないなど、非常に多くの手間と時間がかかっていたことを挙げ、以下のように主張しました。
SBI Remitのネットワークを使用することで、私たちは、SBI Remitに送金し、彼らが日本の膨大なネットワークを通じて決済することができるようになる。 つまり、アフリカから日本への資金流入が行われるのだ。
このように、アフリカと日本の決済インフラが高まることで、今までアフリカ進出に躊躇していた企業も、以前より参入しやすくなることが予想され、今後のアフリカと日本の関係性が高まっていくと期待されています。 BitPesaは、日本とアフリカの経済取引の経路を切り開いただけでなく、過去にもイギリスの金融行為監督機関(FCA)やスペイン中央銀行にも認可され、ヨーロッパとアフリカの経済取引も活性化させようと取り組んできました。 そして、Rossiello氏は、今後も世界とアフリカを繋ぐ取り組みを続けていくことを以下のように示唆しています。
未だアフリカとの関係が薄い世界中の他の地域との関係も構築していきたいと考えている。フロンティア市場のビジネスの発展促進こそが私たちの目的なのだ。
CoinPost関連記事
2018-01-25 14:05
CLOSE
CLOSE