『仮想通貨価格は底を打った』米ウォール街最大の仮想通貨企業CEOが、”ビットコインバブルの再来”を示唆

『仮想通貨価格は底を打った』米ウォール街最大の仮想通貨企業CEOが、”ビットコインバブルの再来”を示唆

『仮想通貨価格は底を打った』米ウォール街最大の仮想通貨企業CEOが、”ビットコインバブルの再来”を示唆
仮想通貨が反転上昇
ニューヨーク最大の仮想通貨企業CEOであり、元ヘッジファンドマネージャーMichael Novogratz氏が、「ビットコイン価格は底に達した」と主張。昨年の価格推移を例に挙げ、仮想通貨が高騰する可能性を示唆した。
仮想通貨価格、木曜日に回復
ビットコインは2%以上上昇し6488ドル(約72万7000円)となり、その他イーサリアムは今週はじめからの急下落から一転、13%上昇で205ドル(約2万3000円)となりました。

仮想通貨市場は底を打ったのか

ニューヨーク最大の仮想通貨企業CEOであり、元ヘッジファンドマネージャーMichael Novogratz氏は、「ビットコインを含む仮想通貨の価格は底を打った」と主張しています。

Twitter上でNovogratz氏は、Bloomberg Galaxy Crypto Index(BGCI)の仮想通貨価格推移を引用し、#calling a bottom(相場の底打ち)のタグをつけた上で、以下のようにコメントしました。

このBGCIチャートを見る限り、短期的な「底値」を示唆している。

昨年11月頃から仮想通貨市場は、バブルのような高騰を見せたが、相場は過去の動きを模倣する傾向があり、(ここからブレイクアウトした場合)再びバブルのような急上昇が起こる可能性がある。

Novogratz氏は、代表を務める仮想通貨関連企業「Galaxy Digital」社を通して、ICOからウォレットや管理サービスに向けたプラットフォーム事業まで、幅広く仮想通貨事業への投資を行なっています。

2014年のチャートに類似

ビットコインは過去に暴落と急騰を繰り返し価格を上昇させてきたことは、投資家の中では周知の事実であるといえますが、その中でも2014年の動きと現在の価格推移が酷似しているとの指摘が度々されています。

実際にチャートの形成でも比較してみます。

現在のビットコインチャート

出典:CoinMarketCap

2014年のビットコインチャート

出典:CoinMarketCap

上記が示す様に2014年〜15年当時のチャートはその後、価格が上昇方向へブレイクアウトしたことで、時間軸こと違うものの、チャートの重要点を境に上昇方向へと転じています。(現在のビットコイン相場はまだどちらに動くかはわかりません。)

現在の相場でのブレイクラインは、度々仮想通貨市況でも記載した、6000ドルラインまたは上値を切り下げて右肩下がりに下がるラインにあたる可能性が高く、その付近にて、上昇または下落方向、どちらの動きが強まるかが焦点となりそうです。

出典:TradingView

仮想通貨市場は、急反発も予断は許さない状況

仮想通貨価格は、14日(木)に反転上昇を見せ、それまで大幅に急下落していたアルトコインを中心に全面高となっています。

ビットコインは2%以上上昇して6488ドル(約72.7万円)を付けたほか、暴落に歯止めの効かなかったイーサリアムも一転して大きな買いが入り、22%近い上昇で205ドル(約2.3万円)となりました。

市場全体の時価総額は、13日に記録した1860億ドル(約20兆8400億円)から回復し、2000億ドル(約22兆4000億円)を付けていますが、レジスタンスラインを上抜けて明確に「上昇トレンド」に転換しない限り、予断は許さない状況が続いています。

出来高も重要な鍵

経済学者兼、仮想通貨トレーダーであるAlex Kruger(アレックス・クルーガー)氏は、現在の相場の中期的な上昇に関して、出来高の不足を危惧しています。

『極端なボリュームの低さが底値割れに直結している。その様な出来高の低さは、Binance、Bitmex、および多くの取引所の米ドルとBTCの両ペアにおいて見られている現象だ。』

出典:仮想通貨市況

と言及する様に、下落の状況とともに出来高が著しく減少している傾向が見受けられます。

しかし、一般投資家の投資心理が冷え込む中で、流動性をあげる要因の一つとして考えられている機関投資家の参入に向けた動きが、直近2日で活発になってきており、状況の変化が今後どの様に影響するか注目が集まります。

CoinPostの関連記事

2018-09-13 20:48
" class="blog-card-thumbnail-link">
2018-09-13 20:48
CLOSE
CLOSE