ビットコインとアルトコインの正の相関が強まっている

ビットコインとアルトコインの正の相関が強まっている

ビットコインとアルトコインの正の相関が強まっている
BitcoinとAltcoin
ビットコインとアルトコインの間の正の相関がますます強まっている。現在、Bitcoinと最も正の相関が強いのはBitcoin Cashである。(相関係数 0.88)
ビットコインのドミナンス
2018年9月9日時点でビットコインの時価総額は1100億ドル(12兆円)となり、ビットコインはかつてのドミナンスを取り戻しつつある。
ドミナンスとは
仮想通貨市場全体におけるBitcoinの支配率(優位指数)のこと。2017年以降のAltcoin隆盛に伴い、ドミナンスは急降下している。

CoinPost:仮想通貨用語集

BitcoinーAltcoinの正の相関の高まりとドミナンスの回復

ビットコインとアルトコイン間の正の相関(一方が増えればもう一方も増える、または、一方が減ればもう一方も減るような関係)がますます強まっています。

2017年12月中旬に2万ドル(220万円)に向けて大きく価格上昇していましたが、現在、その流れは対照的のものになっています。

ビットコインとアルトコインの相関係数は、2018年初頭の0.1から上昇し、現在は0.7となっています。

ちなみにゼロに近い値は相関性がほとんどない(無相関)ことを示し、これはデジタル通貨と株式市場の間のケースに多く見られます。

相関係数の範囲は-1(反対方向に戻る)から+1(同じ方向に戻ります)です。

仮想通貨は、強い正の相関(0.5-1)や中程度の正の相関(0.3-0.5)を示すことが多く見られます。

また、SifrData による仮想通貨間の相関行列に基づいて算出されたピアソン係数は以下の通りです。

ビットコインとビットコインキャッシュ(0.88)、ライトコイン(0.86)、イーサリアム(0.83)、ネム(0.83)、ジーキャッシュ(0.82)、モネロ(0.82)、XRP(0.78

ビットコインとこれらのアルトコインとの関係は、2018年に市場価値評価に大きなダメージをもたらしました。

ビットコインが2万ドル(220万円)のピーク時から現在の約6500ドル(71万円)にまで推移したため、ビットコインキャッシュは3400ドル(37万円)から500ドル(6万円)まで急落しました。

他の価格下落は以下の通りです。

イーサリアム(ETH) 1377ドル(14万円)→218ドル(2万3千円)

ネム(XEM) 1.90ドル(209円)→0.10ドル(11円)

ジーキャッシュ(ZEC) 888ドル(9万7千円)→127ドルに(1万3千円)

モネロ(XMR) 494ドル(5万3千円)→112(1万2千円)

XRP(XRP) 339ドル(3万7千円)→0.29ドル(32円)

付け加えると、XRPは今もなお2018年の最低価格を更新し続けています。

ビットコインキャッシュが第3位(0.79)より高い数値を示すようになり、その結果ビットコイン(0.88)と最も強い正の相関を持つデジタル通貨になりました。

90日間でビットコインキャッシュのビットコインとの相関係数が0.79から0.88まで高まり、その結果ビットコインが最も強い正の相関を持つ仮想通貨になりました。

また、90日前に0.90でリードしていたイーサリアムは徐々に低下し2位(0.83)になり、XRPは90日間で0.84から0.78まで減少しました。

Bitcoin is Dragging Other Cryptocurrencies Down as Correlation Between Them Increases

参考記事はこちらから

CoinPostの関連記事

2018-08-12 17:53
2018-08-08 16:50
CLOSE
CLOSE