巨額の資金調達を受けた米サークル社が描く「仮想通貨経済圏」実現への道筋

巨額の資金調達を受けた米サークル社が描く「仮想通貨経済圏」実現への道筋
サークル社が描くお金の形
サークル社が新しいお金の形として描いているのは、「すべてのものがトークン化される社会」です。今年2月に大手取引所Poloniexを買収した目的は、トークン化社会の市場としての役割を担うものにしたい、というビジョンも含まれています。

サークル社が描くトークンエコノミー実現への道筋

2013年、「新しいお金の形」を作り上げるとのビジョンの元、アメリカ・ボストンを拠点に設立されたサークル社(Circle)は、創設以来、米金融大手のゴールドマン・サックスや中国インターネット検索最大手、百度(バイドゥ)などから、2億4600万ドル(約274億円)の資金調達に成功しており、その潤沢な資金を元に、4つの柱となるビジネスを築き上げてきました。

3つの法定通貨(米ドル、英ポンド、ユーロ)に対応した個人間決済アプリのCircle Pay、1ドルからの仮想通貨投資を可能にしたCircle Invest、25万ドル(2775万円)以上の大口仮想通貨投資家向けのグローバルOTCトレードデスクのCircle Trade、そして、大手仮想通貨取引所Poloniexの運営など、700万人のユーザーへ多角的な金融サービスを提供しています。

そんなサークル社が「新しいお金の形」として、描いているのは「すべてのものがトークン化される社会」です。

同社のヨーロッパ地域の担当責任者であるMarieke Flament氏は、次のように述べています。

我が社が描いているビジョンは、単にお金だけではなく、商品、貴金属、土地、家、贅沢品を含むあらゆる資産の所有権がブロックチェーン上のトークンとして、いつの日か、移動されるようになるというものだ。

 ただ、それが今から5年後になるか、10年後になるかについてはわからない。 しかし、我が社の基本的信条は、これが社会を変革するものになるということである。

サークル社が、今年2月に大手取引所のPoloniexを買収した際にも、共同設立者のSean Neville氏とJeremy Allaire氏は、ゆくゆくは、同取引所をトークン化社会の市場としての役割を担うものにしたい、というビジョンを語っています。

我々は価値あるものすべて表すトークンを取引できる堅牢で、多面的な分散市場を思い描いている。 

商品、資金調達、株式、不動産、芸術作品、音楽や文学などの創造的な制作物から、リース契約、時間ベースのレンタル、クレジットから先物などまで、あらゆる価値を持つものを対象として考えている。

しかし、そのような価値あるものが、トークン化された社会へ移行するためには、着実に数多くの段階をクリアする必要があります。

同社は、その公式ブログの中で、仮想通貨資産とブロックチェーン技術は、次世代のオープンインターネット社会に貢献する発明であるものの、安定した価格を持つ、交換と価値保存の手段が未だ確立されていないことが、その普及を阻害しているとしています。

ステーブルコインの重要性

そして、グローバルな規模での相互運用性が機能するためには、確実性があり、また一貫性を持った「トークン」が、強く求められている状況にあると分析しています。

その答えが、法定通貨、例えば米ドルと連動したステーブルコインであり、ステーブルコインこそが、ブロックチェーン上での決済をはじめ、スマートコントラクトプラットフォーム上に構築される証券などの金融契約を促進させる役割を果たすとしています。

前出のFlament氏も、法定通貨と連動したステーブルコインが、トークン化社会のビジョンを実現するのに、重要な役割を果たすと次のように述べています。

私たちは、トークン化のプロセスは確実に起こると確信しており、そのための適切な枠組みの構築を促進するため、努力している。 Circle USDコイン (USDC) が、トークン化のための大変重要な部分を占めることになるだろう。

サークル社は、この5月に、1億1000万ドル(122億1000万円)の資金調達に成功していますが、その際に、投資ラウンドを主導したマイニング大手のBitmainと戦略的パートナーシップを結び、米ドルに連動したステーブルコイン、「USDコイン」の開発に連携して取り組むことを発表しています。

そのUSDコイン開発プロジェクトが、CENTREと呼ばれるオープンソースのプロジェクトで、既に政府金融当局の規制に準拠した、承認済みの取引所や、既存の銀行などを会員として想定した組織を目指しています。

最終的には、ステーブルコインは、法定通貨とは紐付けられないものへと進化していくだろうと予見しながらも、現段階では、既存の金融システムをインフラの中に取り込み、共存しながら、次の段階へと一歩ずつ進む必要があると、現実を踏まえた認識を持っているようです。

仮想通貨とブロックチェーン技術がより広く一般に普及していくための、ステップの一つとして、今、仮想通貨業界でも、ステーブルコインに、注目が集まってきています。

新しい潮流

直近では、大手仮想通貨取引所Binanceも出資すると報道されたプロジェクト”Terra”、アルゴリズムを活用した無担保型の”Basis”、PayPal創業者のPeter Thiel氏やCoinbaseの支持を得た”Reserve”など、開発も活発になってきており、新しい潮流となりつつあるようです。

現在、最も普及し、取引されているステーブルコインは、テザー(USDT)ですが、その法定通貨の裏付けに対する正式な監査が、未だ行われていないなどの問題もあり、より透明性が高い、他の選択肢が次々と現れることは、仮想通貨業界にとっても大変歓迎すべきことだと言えるでしょう。

CoinPostの関連記事

2018-02-27 18:23
2018-06-03 17:40

スポンサーリンク