韓国大手仮想通貨取引所Bithumbが新規ユーザー登録を再開|政府の安全性認定で風向きが変化

韓国仮想通貨取引所Bithumbが新規ユーザー登録を再開|政府の安全性認定で風向きが変化

韓国における取引高No.2の取引所Bithumbは、
公式ブログにて、今週中に新規ユーザー登録を再開予定だと発表した。

当ブログによれば、韓国最大の金融機関「農協銀行(NK)」が、早ければ8月30日付けでBithumbと入出金バーチャル口座連動の契約を締結、新規ユーザーの登録を可能にするという。

韓国の規制では、仮想通貨取引所は、銀行とバーチャル口座の連動が必須条件となっている。

NK銀は2018年始、「Bithumbが、顧客の資金に対するセキュリティとマネーロンダリング対策の欠如」を理由に、Bithumbとの提携を見送っており、同時期にハッキングを受けて約4000万ドルの流出被害があったことで、今回の発表まで新規ユーザーの登録を停止していた経緯がある。

しかし先週、韓国政府は、BithumbやUPbit等の取引所における安全性を認定。農協銀行(NK)の判断に影響を及ぼすなど、風向きが大きく変わった。

韓国最大級の取引所であるBithumbの登録再開は、当取引所の高い流動性を見込み、新たな資金流入が期待される。

参考記事:Korea’s 2nd-Biggest Crypto Exchange Resumes User Registrations as Market Improves

CoinPostの関連記事

2018-08-24 12:10
2018-08-22 12:58

スポンサーリンク