中国×リップル:国境を越え130億人をターゲットへ

中国×リップル:国境を越え130億人をターゲットへ

CNBCとの電話インタビュー内で、ヨーロッパ圏のリップル社副社長であるJeremy Light氏は、リップル社が分散型台帳プラットフォームの利用拡大のため、中国とその巨大な人口をターゲットにしていると述べ、以下のようにコメントしている。

中国は見込みのある経済圏だ。

中国はブロックチェーン技術を大いに支持しているが、国内取引を禁止し、地方の暗号暗号取引を停止し、昨年末にコインの提供を禁止した。

リップル社側は、中国が仮想通貨通貨取引をきつく規制し、仮想通貨であるXRPの採用を進めることはまずないだろうと予想している。

リップル社は、中国の銀行や金融機関をターゲットにし、リップル技術を採用してもらう必要がある。

今後、香港を拠点とする金融機関LianLianとの提携を通し、中国、ヨーロッパや米国間の国際決済を強化する予定とのこと。

参考記事:Ripple on China and XRP – Targeting 1.3 Billion People for Cross-Border Payments

CoinPostの関連記事

2018-08-15 09:14
2018-08-13 08:52

スポンサーリンク