リップル(XRP)とライトコイン(LTC)が2018年最安値更新|仮想通貨市場の急落の影響で底値抜け

リップル(XRP)とライトコイン(LTC)が2018年最安値更新|仮想通貨市場の急落の影響で底値抜け

リップル(XRP)とライトコイン(LTC)が2017年最安値更新|仮想通貨市場の急落の影響で底値抜け
XRPとLTCが2018年最安値更新
SECが現在最も注目されていたビットコインETFの可否判断日程を45日延長させたことで、市場全体の価格が急落。主要アルトコインの中には、長期的に割ることがなかった底値を割る通貨が確認された。

仮想通貨市場は8日、SECが現在最も注目されていたビットコインETFの可否判断日程を45日延長させたことで、価格が急落。アルトコイン市場にもビットコインの下落の流れが波及し、フィアット建で大きなマイナスを記録しています。

出典:CoinPostトップページ

悪材料に影響する形で、ビットコインもCNBCのファストマネーなどで重要視されたサポートライン6800ドルを割り込み、8月以降数回に渡る底値の探り合いが続いています。

特に、BTC高騰時にもアルトドレインで悪い流れの続くアルトコイン市場は、特に厳しい情勢が続いています。

直近1ヶ月では、ビットコインETFに関する報道が材料視されたことで、ビットコインこそ価格を戻しつつあったものの、市場内資金がビットコインに集まった事もあり、アルトドレインとされるアルトコインからの資金の流出が相次いでいました。

結果として、ビットコイン価格も直近で大幅下落した事で、アルト市場の弱気相場に追い討ちをかけた格好になりました。

主要アルトが底値抜け

このような流れが影響し、時価総額上位のアルトコインの中で、長期チャート上で底値を固めていた通貨が底抜けしました。

底抜けが確認された通貨は、いずれも個人投資家人気の高い時価総額3位のXRP(リップル)と、時価総額7位のLTC(ライトコイン)で、年初来最安値を更新したことで、2018年最安値を更新しました。

XRPの価格推移

XRPの価格は、昨年12月に価格が大きく暴騰、一時400円の最高値を更新し、仮想通貨元年と言われた2017年の中でも驚異の高騰率を見せ、日本で取引される通貨の中で最高上昇率の通貨となりました。(参照:仮想通貨元年での高騰倍率と価格推移 )

その後、仮想通貨市場の下落トレンドの煽りを受け、急騰する勢いが全通貨の中でも高かった事も影響し、価格を下落させました。

出典:TradingView

XRPは、2018年の現在まで、幾度となく価格が低迷していたものの、USD建では0.4USDを割ることはありませんでしたが、本日底値を割ったことで価格が急落、0.3ドル台に突入し、15時現在では、0.34USDと、0.3ドル前半まで価格を落としています。

出典:TradingView

ただし、昨年末の急騰を含め、最安値更新の状況を買い場と捉える動きも出てくるかもしれず、チャンスが訪れる可能性もあります。

LTCの価格推移

XRPと同様に、ライトコイン(LTC)も底値抜けしたことで、価格が急落し、現在も下落が続いています。

出典:TradingView

ライトコインは、BTCの金に対して、「LTC」は銀として注目されていた通貨で、POWの中で、scryptを採用、BTCのハッシュレートを変更するなどして行うことが難しいため、51%攻撃の危機に対して高い耐性を持っていることも理由などもあり、仮想通貨としての魅力は十分にあると言えます。

しかし、インフルエンサーとしても有名なライトコイン創業者が、自身のLTCをすべて売却。ポジトークを控えることを明言したことで、プロモーション的な部分に陰りが見え、一般投資家の多い仮想通貨市場に置いて、LTCの価格に影響が出た可能性もあります。

CoinPostの関連記事

2018-08-08 12:24
CLOSE
CLOSE