米国麻薬取締局:ビットコインは犯罪組織のための道具ではなくなった

米国麻薬取締局:ビットコインは犯罪組織のための道具ではなくなった

ブルームバーグ紙によると、米国麻薬取締局のLilita Infante特別捜査員は、ビットコイン(BTC)という単語が犯罪捜査資料に記された5年前から、ブロックチェーン・仮想通貨を悪用した犯罪・違法率が、90%から10%に激減していることを明かした。

その一方で、市場規模の拡大に伴い、取引所のハッキングなどによる被害額は増加しており、違法行為によるBTCの取引高は、2013年から年々大きく上昇しているとされる。

Infante氏は、「昨今に膨れ上がったBTC取引は、主に投機需要によるものだ。」と付け加え、数年前に摘発されたダークウェブ”シルクロード”の事例のように、BTCが犯罪者に悪用される道具に過ぎないといった、過去における不名誉な先入観を覆しつつあることを示唆した。

参考記事:

スポンサーリンク