【速報】米SEC、Cboeが申請しているVanEck「ビットコインETF」の審査可否を9月30日に持ち越し

【速報】米SEC、Cboeが申請しているVanEck「ビットコインETF」の審査可否を9月30日に持ち越し

【速報】米SEC、Cboeが申請しているVanEck「ビットコインETF」の審査可否を9月30日に持ち越し

米国SEC(証券取引委員会)は8日、VanEck・SolidXによるビットコインETFの申請に対し、公式文書を発表した。

SECの公式文書によると、「Securities Exchange Act of 1934」(証券取引法)に基づき、審査可否に関するルールを「Cboeに申請を開示・提案された取引所ルール変更を十分に審議するための必要日数」を45日間、もしくは90日間に定めており、期限一杯となる「2018年9月30日」になると記述された。

SECでは、日本時間7月2日にVanEck・SolidXによるビットコインETFの情報を開示。8月7日までに、同ETFへ対する1,300通以上のパブリック・コメントを受け付けていた。最短で8月10日になるのではとの見方もあったが、影響の大きさなどを鑑みて、審査を進める過程でSECは最大限慎重な判断を選択したことになる。

なお、ウィンクルボス兄弟が申請していたビットコインETFは、SECによる厳格な条件を満たさなかったとしてすでに否決されているが、今回の「VanEck版ビットコインETF」は、Cboeの申請であることと、商品設計が特に優れているなどして市場から本命視されている。

参考:米国証券取引委員会:pdf内容

CoinPostの関連記事

2018-07-31 17:44
2018-07-30 17:00
CLOSE
CLOSE