ビットコインはドルの代わりになる:「金持ち父さん 貧乏父さん」シリーズ作者が語る

ビットコインはドルの代わりになる:「金持ち父さん 貧乏父さん」シリーズ作者が語る

ビットコインはドルの代わりになる:「金持ち父さん 貧乏父さん」シリーズ作者が語る

世界発行部数3200万部を誇る「金持ち父さん・貧乏父さん」の作者であるロバート・キヨサキ氏は、裏付けのない米ドルを問題視し、仮想通貨がいずれドルに取って代わると発言している。

オーストラリアでのブックツアーを控えるキヨサキ氏はnews.com.auでのインタビューで、米国政府が頻りに紙幣を印刷すること(量的金融緩和政策)で経済バブルを人為的に膨らませる実態について、

世の中には、『フェイク』のお金がたくさん存在している。

1971年にニクソン大統領がゴールド・スタンダード制度を撤廃した以降、米ドルは全て『フェイク・マネー』となっている。

と言及。

また、ラジオ放送番組上の特集では3種類のお金について触れ、

金と銀は永久不滅のお金だ。

その次に政府が発行する法定通貨、ドルや円、ユーロがある。

もう一つは、人民のお金である仮想通貨だ。ドルはいずれ、金や銀と仮想通貨に負けると思う。

と見解を示した。

参考記事:‘Rich Dad’ author predicting “biggest crash in world history” (But he likes Bitcoin)

CLOSE
CLOSE