豪初の仮想通貨インデックスファンド設立、資産2億以上の大口に提供:BTC、ETH、XRP、LTCに対応

豪初の仮想通貨インデックスファンド設立、資産2億以上の大口に提供:BTC、ETH、XRP、LTCに対応

豪初の仮想通貨インデックスファンド設立、資産2億以上の大口に提供:BTC、ETH、XRP、LTCに対応
豪州初の仮想通貨インデックスファンド
豪取引所CoinJarが、仮想通貨インデックスファンド設立を発表した。BTCのみに焦点を当てた”BITCOIN CLASS”と、BTC、ETH、XRP、LTCの4通貨に焦点を当てた”MIXED CLASS”を提供することが明らかに。
インデックスとは
市場全体の動きを表す指標、及び指数のことで、日経平均株価と東証株価指数TOPIXのこと。アメリカのインデックスとしては、ダウ平均(ニューヨーク平均株価)やS&P500(米大型株500銘柄で構成)が有名。

CoinPost:仮想通貨用語集

豪州初の仮想通貨インデックスファンド

8月2日に、オーストラリアの仮想通貨取引所CoinJarが、同国初となる仮想通貨インデックスファンド”CoinJar Digital Currency Fund”を設立することを発表しました。

CoinJarは、2013年に現CEOのAsher Tan氏、および、現COOのRyan Zhou氏によって創業され、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、そして、ライトコイン(LTC)の4通貨を取り扱い、BTCおよび、法定通貨AUD(オーストラリアドル)での取引ペアを提供しています。

そして、現在までに35万人もの個人や法人の顧客に対し、10億ドル(約1,100億円)にも上る取引を提供してきました。

今回の”CoinJar Digital Currency Fund”は、オーストラリアにおいて250万AUD(約2億円)の純資産を所有する、または過去2年間においてそれぞれ総収入が25万AUD(約2,000万円)を越した大口投資家や、プロの投資家を指す”ホールセール”にのみ提供されます。

BTCのみに焦点を当てた”BITCOIN CLASS”と呼ばれるものと、BTC、ETH、XRP、LTCの4通貨に焦点を当てた”MIXED CLASS”と呼ばれる2種類の資産クラスを提供することが明らかにされました。

CoinJarの公式サイトでは、以下のように説明されています。

「このファンドは、投資家たちが管理方法や、セキュリティを懸念することなく、デジタル通貨業界への中・長期での投資を提供するものだ。」

CoinJarにて、法人向け部門の責任者を務めるJordan Michaelides氏も、今回の発表に対し、以下のようにコメントしました。

「仮想通貨への投資は、特定のリスクが存在するなど、大変複雑である。

過去にも、仮想通貨業界内の一般投資家は、サイバー犯罪などによって多くの資産を失う事態に陥っている。私たちのCoinJar Digital Currency Fundでは、このような資産管理リスクに対応し、業界最高峰のセキュリティをホールセールで提供したいと考えている。」

オーストラリアで高まる仮想通貨熱

先日8月1日にオーストラリアのクイーンズランド州は、現地スタートアップの促進を目的とした”Advance Queensland Ignite Idea”と呼ばれる830万AUD(約67.8億円)規模のイノベーション基金の内の10万AUD(約800万円)を、観光業界のデジタル通貨決済プラットフォームを提供する仮想通貨スタートアップTravelbyBitに投資することを明らかにしています。

さらに、オーストラリア首相のMalcolm Turnbull氏も、ブロックチェーン技術に関心を示しており、今年5月に政府予算の一部を投じることを示唆しました。

このように、オーストラリアにおいて、CoinJarを始めとする企業だけでなく、政府などの公式機関からの仮想通貨、ブロックチェーン分野への関心も高まってきていることから、今後のオーストラリアの動向が注目されています。

CoinPostの関連記事

2018-04-30 19:30
2018-03-10 17:30
CLOSE
CLOSE