Robinhood:米ジョージア州で仮想通貨取引が解禁、18州まで提供拡大|BTC、ETH、LTC、DOGE

Robinhood:米ジョージア州で仮想通貨取引が解禁、18州まで提供拡大|BTC、ETH、LTC、DOGE

手数料無料の取引プラットフォームを提供しているRobinhoodは、ジョージア州に住んでいる人々が、アプリを通して仮想通貨投資が可能になった。

現在ジョージア州民は、ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、ドージコイン(DOGE)が取引可能になっている。

小売客が株式市場に投資するために簡単、手数料無料で始まったRobinhoodは、 今年初めに発表されて以来、多くの州での仮想通貨取引を提供することが遅れている。

アメリカには50の州があり、それぞれの州から許可を得なければならない。

現在、Robinhoodを通じての仮想通貨取引はアメリカの18の州で可能となっている。

CoinPostの関連記事

2018-02-06 19:57
2018-07-13 10:55

スポンサーリンク