米国公認会計士協会が内国歳入庁(IRS)へ仮想通貨に関する税金のガイドライン、新たな提案

米国公認会計士協会(AICPA)が国内国歳入庁(IRS)へバーチャル・カレンシー・ガイダンスに関する新たな提案

7月30日(日本時間、31日)に、米国公認会計士協会(AICPA)は内国歳入庁(IRS)のバーチャル・カレンシー・ガイダンスという税金のガイドラインに新たな提案を提出したと判明。

今回の提案は、AICPAが主導する「バーチャル・カレンシータスクフォース」が考案し、AICPAの「税金執行委員会」が認可したもの。

同提案にて、12か条の項目を基に、IRSに取り急ぎ、バーチャル・カレンシー取引に適用するガイドラインを要請した。

CoinPostのおすすめ記事

2018-07-31 14:47
2018-07-31 15:48

スポンサーリンク