BlackRock社:仮想通貨市場へ約594兆円もの資金が流入するか?

BlackRock社:仮想通貨市場へ約594兆円もの資金が流入するか?

BlackRock社:仮想通貨市場へ約594兆円もの資金が流入するか?
世界最大の資産運用会社が仮想通貨市場へ参入を検討
現在、仮想通貨市場は約29兆円規模ですが、本日世界最大の資産運用会社であるBlackRockが運用資金の約5.4兆ドル(約594兆円)で仮想通貨市場への参入を検討しています。

超巨大資金が仮想通貨市場へ流入か?

Financial News のレポートによると、世界最大の資産運用会社であるBlackRock (NYSE:BLK)は、運用資産の約5.4兆ドル(約594兆円)もの資金で、仮想通貨市場への参入を検討していると言われています。

2018年2月26日、BlackRockは、Global Weekly Commentary の一環として”仮想通貨の流行“について以下の結論を出しました。

私たちは市場が大きくなるにつれ、潜在的により広く仮想通貨が使用されることを考えている。

しかし、今市場は投資した全てを失うリスクを背負う覚悟がある人のみが参加していると思っている。

しかし、ロンドンに本拠を置くFinancial Newsで、BlackRockの問題に詳しい人たちによると、仮想通貨や、その基盤となるインフラストラクチャであるブロックチェーンを調査するために、ビジネスのさまざまな分野からチームを作り、BlackRockがビットコイン先物に投資すべきかどうかを検証するだけでなく、BlackRockの競合他社が仮想通貨を使って何をしているのか、そしてそれがビジネスにどのような影響を及ぼす可能性があるのかを調査しています。

もしこの話が本当なら、2017年10月13日の国際金融協会(IIF)の会議でCEOであるLarry Fink氏が ビットコインを”マネーロンダリングの指標“と呼んだ後から巨大な方向転換を示しています。

BTCを利用しマネーロンダリングをする需要は一目瞭然だ

Fink氏は、JPモルガンCEOのDimon氏が”BTCを買う人はまぬけだ“と言った同じ日にコメントをしました。

Dimon氏は、

BTCを買うほどのまぬけはいつか痛い目に遭うはずだ。

BTCは他の誰かが払う分、価値はあるが、その誰かにBTCを面白く見せ、買わせた後、すぐに売却するのだ。

以下は、CNBCアフリカの”Crypto Trader“という番組のホストを務めるRan NeuNer氏がBlockRockが仮想通貨業界に参入する可能性についてツイートした内容です。

先物とETFの相違とは、後者は市場から投資の原資産を買わないといけないことだ。

このように世界最大のETF業者が仮想通貨に目を付けて、しかもSECがETFの売買を阻止する口実も持たないのなら、面白くなりそうだ。

BlackRock, World’s Largest Asset Manager, Said to Be Considering Getting Into Crypto

16 Jul 2018

参考記事はこちらから
CLOSE
CLOSE