BTG51%攻撃で疑惑が生じたジハン・ウーが関与を否定|高度な情報戦に発展

BTG51%攻撃で疑惑が生じたジハン・ウーが関与を否定|高度な情報戦に発展

BTG51%攻撃で疑惑が生じたジハン・ウーが関与を否定|高度な情報戦に発展
高度な情報戦に
世界最大のマイニング関連会社BitMain共同設立者の「Jihan Wu」氏は、仮想通貨ビットコインゴールド共同設立者の「Jack Liao」氏がBitMainを陥れるために”虚偽の情報”を流しており、彼こそが真犯人であると非難。高度な情報戦の様相を呈しています。
51%攻撃とは
51%攻撃とは、悪意のある特定のグループがハッシュレートの51%を支配することで、不当な取引を行うこと。攻撃対象となるのは「Proof of Work(PoW)」と呼ばれる、ビットコインも採用するアルゴリズムを採用する仮想通貨。

CoinPost:仮想通貨用語集

ジハン・ウー氏、BTG51%攻撃の関与を否定

BitMainの共同設立者であるJihan Wu氏(以下、Wu氏)の主張によると、ビットコインゴールド(以下、BTG)の共同設立者であるJack Liao氏は、最近のBTGネットワークへの51%攻撃の犯人が「BitMainである」と誤認識させるため、仮想通貨ジャーナリストを買収していると指摘しています。

Wu氏は、BTGに対する最近の51%攻撃に自分の会社は関与しておらず、「BTGの共同設立者であるLiao氏自身が攻撃の責任を担っていたのでないか」と主張しています。

Wu氏は5月26日に次のようにツイートしました。

Liao氏は、BTGの51%攻撃の主犯者がBitMainであるという、根も葉もない噂を広めている。

しかし、Liao氏自身がBTGコミュニティから資金を奪い、ビットコインキャッシュのフォークを攻撃するための手段として、BTGを攻撃することも可能だ。

Wu氏はその後、BitMainが最近の51%攻撃に関与していたという偽誤報を流すため、Liao氏が記者にお金を渡して買収したと主張しました。

Liao氏が記者にお金を渡して、BTGの51%攻撃の記事を執筆してもらったことを小耳に挟んだ。

そのニュースでは、BTGへの攻撃の犯人は”マイニング企業”であるという不当な主張をしている。

私の目的から、関連クエリのいくつかのWeb検索では、ビットメインやマイニング業者がBTG攻撃を担当していると主張しているニュース記事は出ていませんでした。しかし、スレッドやコメントはr / Bitcoinサブレディットその考え方に沿って

その後Liao氏は、同社のTwitterアカウントで、直接的・長期的な対立を避けることをぎこちない英語で提案しました。

Liao氏自身もマイニングハードウェアのLIGHTNINGASICに携わっています。

あなたは負け犬だ。だが、私はあなたのようなことはしない。

51%攻撃の真犯人は

最近のBTGの51%攻撃についてこれまでに分かっていることは、「二重支払い」によって、数千のBTGの損失が発生したことです。

台湾の仮想通貨会議でのLiao氏とCraig Wright氏の論争の後、ビットコインキャッシュの支持者であり、nChainの首席サイエンティストであるWright氏が攻撃を仕掛けたという俗説も存在します。

しかし、コーネル大学の教授であるEmin Gün Sirer氏がTwitter上で述べたように、この議論は時系列的に意味を成しません。

BTGへの攻撃は5月16日から19日にかけて起こった。

Liao氏とWright氏の論争があったBlock-Chaining The Future Summitは、5月22日から23日にかけて開催された。

したがって、この論争は51%攻撃の前に起こったわけではない。

過去に他のコインで攻撃を行った経験のある”プロの犯行”だと考えている。

私たちが今わかっていることは、51%攻撃の主犯者は素人ではないということだけです。

それはBTGのような小さなネットワークを圧倒するのに必要な経験とハッシュレートを持つプロフェッショナルです。

攻撃者のメインウォレットのアドレスはGTNjvCGssb2rbLnDV1xxsHmunQdvXnY2Ftとして固定されており、2018年5月27日現在、12,239 BTGを保有していることが確認されています。

Jihan Wu ‘Was Told’ Bitcoin Gold’s Jack Liao Is Paying Journalists

May 27, 2018 by William Peaster

参考記事はこちらから
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

シェアする

フォローする


CLOSE
CLOSE