BitcoinGoldへの被害総額は約20億円に|相次ぐ51%攻撃で主要仮想通貨が再評価か

BitcoinGoldへの被害総額は約20億円に|相次ぐ51%攻撃で主要仮想通貨が再評価か

BitcoinGoldへの被害総額は約20億円に|相次ぐ51%攻撃で主要仮想通貨が再評価か
ビットコインゴールドも51%攻撃の被害に
ビットコインゴールドの広報責任者であるEdward Iska氏は、仮想通貨取引所から仮想通貨を盗難することを目的とした51%攻撃が行われたことを明らかにしました。この攻撃に関与したビットコインゴールドアドレスは、5月16日以降388,200BTGを獲得し、攻撃者は今回の二重支払いで、取引所から1860万ドル(約20億円)相当のBTGを盗み取ることに成功しています。
主要通貨に再度注目が集まる
ハッシュレートが低く、承認時間が短い通貨の問題点がより明確になったことで、ブロック承認時間が短い通貨の送金速度を利点とする状況から、再度ビットコインのようなブロックチェーンのセキュリティの部分が重要視される時代に立ち返って考える必要があるのかもしれません。
51%攻撃とは
51%攻撃とは悪意のある特定のグループがハッシュレートの51%を支配することで、不当な取引を行うことです。この攻撃の対象とあるのは「Proof of Work」と呼ばれるビットコインも採用するアルゴリズムを利用している仮想通貨です。

CoinPost:仮想通貨用語集

ビットコインゴールドの二重支払い

ビットコインゴールドの広報責任者であるEdward Iska氏は、5月18日に悪意のあるマイナーにより、仮想通貨取引所から仮想通貨を盗難することを目的とした51%攻撃が行われたことを明らかにしました。

そのマイナーは、ネットワーク上の51%以上のハッシュパワーを有し、全員で監視し不正を防ぐPOWのネットワークのシステムを一時的にブロックチェーンコントロールを得ることになりました。

マイニングは、取引情報をまとめたブロックを生成し、承認されたブロックが繋げられ、チェーンを形成する仕組みです。

そして、その承認されたブロックは検証が行われるのですが、ここで、悪意のあるマイナーがネットワーク上の51%以上のハッシュパワーを有していた場合、不正な取引(自分たちが不正に仕込んだ取引)を正当化することや、通常行われる正しい取引の拒否などが行われます。

攻撃者は、そのネットワークのコントロールを得た後、BTGを仮想通貨取引所に預けると同時に、同じ通貨を自身の他のウォレットにも送金を行いました。

一般的に、ブロックチェーンは、その最初の取引しか承認しませんが、今回の場合は、悪意のあるマイナーがネットワークの大半をコントロールしていたため、両取引を承認することを可能にしてしまったのです。

結果的に、あらかじめ取引所に送金したコインを他のウォレットに送金する二重支払い“が故意的に行われたことになります。

この攻撃に関与したビットコインゴールドアドレスは、5月16日以降388,200BTGを獲得し、今回の二重支払いで、攻撃者は、取引所から1860万ドル(約20億円)相当のBTGを盗み取ることに成功しています。

最後の取引は、5月18日で終了していますが、もし攻撃者がまだ51%以上のハッシュパワーを使用することができるのであれば、この攻撃は再び起こる可能性があると言える状況下にあります。

ビットコインゴールドの開発者達は、今回の攻撃者が22個ものブロックに操作を加えたことから、取引所に対し、その取引の正当性の保障を、取引自体が含まれるブロックから50ブロック引き延ばすよう促しました。

他通貨でも不正を働く動き相次ぐ

BTGやVerge、セルフィッシュマイニングの手法となりますがモナコインなど、POWマイニング通貨に不正を働く動きが多く確認されています

実際に狙われているブロックチェーンの多くは、ハッシュレートが低く、複数のブロックチェーンに汎用性が高いGPUマイニングの通貨に多く散見されます。

ASICでも同様に掘る通貨の切り替えを行える汎用性のある通貨もありますが、GPUマイニングの通貨がより顕著にハッシュレートの差が生まれている現状があります。

大きなハッシュを持つグループによる特定通貨への攻撃が続く危険性は今後継続した懸念点になるでしょう。

主要通貨と新興通貨の違い

では、POWシステムを利用するビットコインも危険な状況に置かれているのでしょうか?

セキュリティ専門家で、ビットコイン研究者のAndreas Antonopoulos氏(以下、Antonopoulos氏)は、ビットコインとアルトコイン、そして、小規模のブロックチェーンネットワークの違いは、ビットコインのハッシュパワーが大規模であり、51%攻撃をするためには国家レベルの予算が必要になってくると述べ、以下のように続けました。

「私は、(ビットコインへの51%攻撃について)何の心配もしていません。この51%攻撃は、ビットコインに対しては不可能で、新生のアルトコインに対してのみ可能な攻撃であると言えます。ビットコインは、既に単一の国民国家でも太刀打ちできないレベルに達しているのです。」

そして「仮に数千億円規模の予算を注ぎ込んだとしても、可能な二重支払いはできて1回のみでしょう。」と言及しました。

ビットコインや、イーサリアムなどの長いブロックチェーンを持つ仮想通貨は、過去に様々な脆弱性に対する対策を打ってきたことからも、新生の仮想通貨よりも比較して安全であると言えます。

またブロック承認時間が短い通貨の送金速度を利点とする状況から、再度ビットコインのようなブロックチェーンのセキュリティの部分が重要視される時代に立ち返って考える必要があるのかもしれません。

CLOSE
CLOSE