メインネットを開始する予定のERC20通貨ラインナップ

メインネットを開始する予定のERC20通貨ラインナップ

メインネットを開始する予定のERC20通貨ラインナップ
メインネットを開始する仮想通貨
いくつかのERC-20 トークンがメインネットを開始することが発表されています。本記事では、主にTRON、EOS、Vechain、Ontology、Zilliqa、Cardanoについてのメインネットを開始する時期、新しいトークンに更新する方法、また今回のメインネットの開始に伴う注目すべき情報を紹介しています。
メインネットとは
メインネットとは市場での実際の取引のデータが収納されているブロックチェーンです。TRONやEOSなどのイーサリアムのネットワーク上で機能していた仮想通貨が、今後、独自のネットワークで機能するようになる、これが今回の、「メインネットに移行する」ということです。

メインネットを開始する仮想通貨

間もなく、TRON(トロン)やEOS(イーオス)を含め、いくつかのERC-20トークンが自らのメインネットを開始します。

主なメインネット化トークンプロジェクト
  1. Tron(トロン)ーTRX
  2. EOS(イーオス)ーEOS
  3. VeChain(ヴィチェーン)ーVEN
  4. Ontology(オントロジー)ーONT
  5. Zilliqa(ジリカ)ーZIL
  6. Cardano(カルダノ)ーADA

以上のようなプロジェクトは、イーサリアムネットワークからアップデートし、更に、特有のフィーチャーや専用スマートコントラクトを付け加える予定です。

①TRON(トロン)

トロンはエンターテインメントシステムの構築を目的に開発されました。

トロンのメインネットは5/31に開始するそうです。

まだ実施されていないにも関わらず、すでにTRXの時価総額に大きな影響がもたらされてきています。

5/21の一日だけで、11%の上昇を見せ、先週では、トップ10位内の仮想通貨で唯一プラスを見せたトークンです。

新バージョンTRXの保有者には、ネットワークのセキュリティーを保つ「Super Delegates(特別な代表者)」を選べる投票権が与えられます。

更新する方法:所有しているTRXを、それを取り扱っている取引所に送り、新TRXに変えてもらいます。

6月21日から25日までの間に新TRXに更新することができます。

よって、この期間はTRXをウォレットではなく取引所に保管することが推奨されています。

より詳細な情報はこちら:

2018-03-06 17:02

②EOS(イーオス)

イーオスは超高性能分散型アプリケーションプラットフォームを構築するためのプロジェクです。

イーオスのメインネットは6/2に開始されるそうです。

それと同時に、EOS.IOというイーオスブロックチェーンネットワークを管理するシステムもリリースされる予定です。

その後、新EOSトークン保有者に投票権が与えられ、ブロックプロデューサーを選ぶ投票が行われます。

更に、分散型アプリの開発もされるそうです。

更新する方法:イーオスの公式サイトでEOSの残高を登録するか、もしくはBinanceのようなEOSを取り扱う取引所へ送り、新EOSに変換してもらいます。

③VeChain(ヴィチェーン)

ヴィチェーンは品物の情報をブロックチェーンで管理し正規品か否かを識別するためのプラットフォームを構築するためのプロジェクトです。

ヴィチェーンのメインネットは6/30に導入されるそうです。

これとともに、ダブルトークンリワードという仕組みがあり、毎日THORというスマートコントラクトを履行する為のトークンがもらえます。

VENの保有者には1枚の旧VEN毎に100枚の新VENが与えられます。

更新する方法:イーサリアムネットワーク上のVEN ERC-20トークンの取引記録はすでに、スナップショットされ、今のところは待つのみです。

比較的に少ない残高しかない場合は、取引所は新バージョンに変えてくれるそうです。

④Ontology(オントロジー)

オントロジーはブロックチェーン技術によって信頼性のある契約や業務の遂行を後押しするために開発されたプロジェクトです。

公開について、詳細はまだ不明ですが、最近では、Ontologyが「メインネット」のコードプレリリースをしたそうです。

また、トークン残高の変更し方についても、詳細が無いようです。

明らかになっていることは、現在のONT保有者には、メインネットに移る際に、保有数が倍になることです。

⑤Zilliqa(ジリカ)

ジリカはスケーラビリティ問題の解決のために開発され、圧倒的な処理速度を誇っています。

ジリカは、今年の3月にテストネットをリリースしました、メインネットの開始は第三四半期に予定されているそうであり、詳細は未だ不明です。

⑥Cardano(カルダノ)

カルダノはカジノやオンラインゲームプラットフォームです。

カルダノのメインネットは昨年の9月に公開されましたが、委託されたノードに限定されています。

また、本移行ではなく、今年の第二か第三四半期にリリースされる予定のShellyというプロジェクトを運用し、メインネットの非中央集権化することが目的です。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

シェアする

フォローする


CLOSE
CLOSE