2018年末までにビットコインマイニングのエネルギー消費量は世界電力消費量の0.5%に達する予想

2018年末までにビットコインマイニングのエネルギー消費量は世界電力消費量の0.5%に達する予想

2018年末までにビットコインマイニングのエネルギー消費量は世界電力消費量の0.5%に達する予想
Alex de Vries氏による記事
5月16日にジャーナルJouleにて、Alex de Vries氏は、ビットコインの拡大するエネルギー問題についての査読された記事を公開しました。その記事では、ビットコインのマイニングに使用される電力が2018年中に世界電力消費量の0.5%に達すると予想されています。
ビットコインマイニングの今後
もし今後もビットコインマイニングのエネルギー消費問題について解決策が提示されず、ビットコイン価格が上昇していけば、そのエネルギー消費量は、世界電力消費量の5%に達すると予想されています。

“Bitcoin’s Growing Energy Problem”(ビットコインの拡大するエネルギー問題)が発表

5月16日にジャーナルJouleにて、ブロックチェーン支持者であり、金融経済学者であるAlex de Vries氏(以下、de Vries氏)は、「Bitcoin’s Growing Energy Problem(ビットコインの拡大するエネルギー問題)」という記事を発表しました。

その記事によると、仮想通貨ビットコインのマイニングに使用される電力は、2018年中に世界電力消費量の0.5%に達すると予想されました。

この研究は、ビットコインのエネルギー消費に関する厳格に査読された最初の記事となっています。

私にとって、0.5%という数字は非常に驚くべき数字でした。既存の金融システムとは大きく異なり、この高まる電力需要は、私達の環境改善目標を阻むものとなるでしょう。

と彼は語りました。

ビットコインマイニングの今後

ビットコインは、コンピューターが複雑な数式パズルを解くことによってマイニングされます。

その数式パズルは、約10分に1回解かれるように難易度が調整されており、それを解いた人には報酬として12.5BTCが与えられます。

そして、ビットコイン価格が上昇するに連れて、さらに多くの人々がマイニングに参入し、マイニングの成功、失敗に関らず、その参入したコンピューター1つ1つによって電力が消費されるのです。

常に数字は計算され、その計算に使用されるコンピューターも常に電力を消費するのです。そして、もしその報酬を得る確率を高めたいと考えれば、コンピューターの計算能力も高めなければなりません。

と、de Vries氏は語り、

今後人々は、機器、そして、電力において、さらなる消費を行う十分な報酬が用意されているのです。

と続けました。

De Vries氏は、BTCネットワークが現時点で2.55GW(ギガワット)もの電力を消費し、将来的には、7.67GWにまで達するのではないかと予想しています。

この比較対象として、アイルランドは3.1GW、オーストリアは8.2GWの電力を消費しています。

このBTCネットワークは”大きな問題を抱えており、その問題は急激に悪化しています”と彼は答え、ライトニングネットワークのような解決策も“現状を緩和させる可能性”を持っていると記述しました。

もし、一部の専門家達が予想したようにビットコインの価格が上昇した場合、de Vries氏は、将来的にビットコインマイニングが世界電力消費量の5%を消費する日が来る可能性を示唆しています。

しかし、de Vries氏は、自身の予想に自信を持っているものの、製造会社などの情報が非公開であることから、以下のように述べています。

時に、私達が得られた最善の情報は、信頼性に欠けるアカウントのものでした。そのような情報源を考慮すると、未だ改善の余地があると言えます。

それでも彼のビットコインエネルギー消費に関する記事は、初めて査読されたものであり、その記事が“議論を巻き起こすきっかけ”になればと主張しました。

そして、彼は、”封筒の裏に走り書きするような計算”ではなく”このネットワークが今後どうなっていくのかについて、より科学的な根拠に基づかれた議論”が必要であると言及しました。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

シェアする

フォローする


CLOSE
CLOSE