仮想通貨がタダで貰える|ウォレットアプリGincoでBCH無料配布キャンペーン開始

仮想通貨がタダで貰える|ウォレットアプリGincoでBCH無料配布キャンペーン開始
GincoでBCHの無料配布キャンペーン開始
先日リリースされた仮想通貨アプリ「Ginco」が新しく3通貨に対応したことを記念し、ビットコインキャッシュの無料配布キャンペーンを実施。少額ではありますが、仮想通貨を持ってない人も、これを機に入手してみてはいかがでしょうか。

エアドロップキャンペーン

仮想通貨のスマホウォレットの「Ginco」が、仮想通貨「ビットコインキャッシュ(BCH)」への対応を記念して、少額のビットコインキャッシュ(BCH)を無料配布するエアドロップキャンペーンを開催しました。

キャンペーン手順

  1. 仮想通貨アプリ「Ginco」をインストール
  2. Gincoの「BCHカード」を表示
  3. 「受け取る」をタップ
  4. 「QRコードを共有」をタップ
  5. #Ginco のハッシュタグをつけてTweet

キャンペーンのサンプル画面

Gincoとは

Ginco

2018年4月24日にリリースした、スマートフォンで管理できるクライアント型の「仮想通貨ウォレットアプリ」。

日本語のインターフェースで仮想通貨の入金、送金、保管などの管理ができるだけでなく、飲食店やECサイトでの決済も可能。

ブロックチェーン技術を使ったサービス上で仮想通貨を利用できるようにするため、分散型取引所(DEX)の搭載や、ブロックチェーンゲームが利用できるようになる「dAppsプラットフォーム」の搭載などのサービスにも対応予定としており、今後日本で広く普及していく可能性も考えられます。

現在はiOS版のみですが、Android版にも対応するとしています。

仮想通貨時代の銀行、それがGincoです。ビットコイン、イーサリアムなど複数の通貨に対応しているので、Gincoで一元管理が可能。取引所よりも安全に仮想通貨を保管・運用することができます。

もう高い手数料も送金の完了に待たされる必要もありません。もちろん、お店でのビットコイン決済にもご利用いただけます。

引用元:Ginco公式サイト

対応通貨

現時点で対応している通貨は約20種類で、以下の通りです。

対応通貨

イーサリアム上の「ERC20トークン」9種類を含む、時価総額20〜50位前後に位置する日本では比較的マイナーな仮想通貨も目立ちます。

CoinPostの関連記事

2017-11-05 11:00

珍しいのは、Ethereumブロックチェーンを搭載した仮想現実プラットフォーム「Decentraland」内の仮想通貨MANAへの対応で、これは今後予定されている「dAppsプラットフォーム」の搭載を見越した対応ではないかと考えられます。

Decentraland公式映像

新しく対応した通貨は、

ロードマップ

  • ビットコイン(BTC)
  • ライトコイン(LTC)
  • モナコイン(MONA)

の3種類です。

尚、日本でも人気の高いリップル(XRP)は、2018年中に対応予定としています。

Gincoのインストール

次世代の仮想通貨ウォレットアプリGincoをインストールする。

CoinPostの関連記事

2018-03-28 06:00

スポンサーリンク

ウォレット

Posted by OS