カリフォルニア州:ブロックチェーン上の記録が法的拘束力を持つようになる?

カリフォルニア州:ブロックチェーン上の記録が法的拘束力を持つようになる?

カリフォルニア州:ブロックチェーン上の記録が法的拘束力を持つようになる?
ブロックチェーン取引、スマートコントラクトなどを法的に定義するカリフォルニア州法案が提出される
2月20日に提出されたカリフォルニア州の議会法案2658は、スマートコントラクトなどを法的に定義します。この法案では、ブロックチェーン上の記録や署名が法的拘束力を持ちます。この法案が承認されれば、2021年1月1日まで実行されます。

カリフォルニア州はブロックチェーントランザクション、デジタル署名、スマートコントラクトを法的に定義することを目的とした新しい法案を受諾しました。

Ian Calderon議員(以下、カルデロン議員)は2月20日、州内の電子取引記録に適用される法律を再定義するための議会法案2658を提出しました。

カリフォルニア州議会議員がブロックチェーンの記録保存法案を発表

カリフォルニア州議会第57選挙区のイアン・カルデロン議員は、カリフォルニア州法によってブロックチェーンによる取引記録やスマートコントラクトが規定されることを望んでいます。

Gateway Cities地区のカルデロン民主党議員は、これらの種類の記録と定義をカリフォルニア州の裁判所制度に含めるべきだと考えています。

この法案は、ブロックチェーン上の記録や署名が電子形式で記載されているため、記録や署名の事実関係を否定できないことを提案しています。

法案には、以下のことが記載されています。

ブロックチェーン技術によって保護された署名は「電子署名」である。

特定の条件(ブロックチェーン上の特定のブロックナンバーに到達する時など)で発動する自己実行コードや、スマートコントラクトを説明するために、「コントラクト(契約)」という言葉を再定義する。

カルデロン議員の提案は、ブロックチェーン技術によって記録されたブロックチェーンストレージを定義することを目指しています。

しかしながら、電子記録を提供するビジネスライセンサーが米国の送金に関する法律の一部に従わなかった場合、米国の機関はそのライセンスを停止することができます。

アリゾナ、バーモンド、フロリダでも同様の法案が提出されている

カリフォルニア州議会の法案はアリゾナ州、バーモント州、フロリダ州で提出された法案と非常によく似ています。

これらの3つの州では、議会議員がブロックチェーントランザクション、デジタル署名、スマートコントラクトに関する新しい定義や法律を提案しています。

カリフォルニア州議会の法案が法律になるためには、Jerry Brown州知事(以下、ブラウン知事)の署名と共に、他の州議員によって承認されなければなりません。

議会法案2658がカリフォルニアの議会とブラウン知事によって承認された場合、その法律は2021年1月1日まで実行されます。

California Bill Aims to Recognize Blockchain Records

February 23, 2018 by Jamie Redman

参考記事はこちらから
CLOSE
CLOSE