リスク新HP:LiskHub・LiskID・ウォレットの登録と使い方を解説

リスク新HP:LiskHub・LiskID・ウォレットの登録と使い方を解説
LiskID作成方法を画像付きで解説
Lisk IDでは個人アカウントを作成し、このアカウントを利用してログインすることで、LSKの価格推移やウォレット機能による通貨の送受信、LSKの送受信履歴の確認や検索(ブロックチェーン確認)が利用できます。未だ公開はされていませんがサイドチェーンに関するコンテンツもあるようです。

2018年2月21日、Lisk社はリローンチイベントにてLiskの進化を発表しました。

Liskのプロダクトの名前とロゴも一新されましたが、その中でホームページ上の新デザインに踏まえ、Lisk Hubという名のウェブベースのアプリケーション(前Lisk App)を新たに開発しました。

これらはリローンチ時、すぐに公開と公言されており、21日中に新たなサイトが公開されました。

公開された内容に関して簡単に説明し、登録方法を解説します。

LiskHub・LiskID

このLiskHubに関しましては、公開時の現在ではβ版になりますが、今後機能を追加していく予定です。

LiskHub

Liskhubは、LSKの価格推移やウォレット機能による通貨の送受信、LSKの送受信履歴の確認や検索(ブロックチェーン確認)、また未だ公開はされていませんがサイドチェーンに関するコンテンツも搭載しています。

LiskID

Lisk IDでは個人アカウントを作成し、このアカウントを利用してログインすることで、上記のHUB内の機能が使用可能になります。

特徴的なのはこのLISK IDの作成に際し、不規則な数文字列のID と複数の図形を組み合わせを行い、Liskアバターと呼ばれるIDに由来するユニークロゴを生成するシステムとなります。

Liskアバターは、同一デザインは二度と発行されることがありません。

よって他のユーザーとロゴが被ることはなく、仮想通貨の送受信時のアドレス判別などの見分けが付きやすくなるなどの利点もあります。

LiskID作成の解説

まずこちらのLisk公式ホームページに飛んでください。

このページの右上にあるのが上述した新機能LiskHubになります。

この右上の【LiskHub】をクリックしてください。

まずこの状態ではまだLiskHubの機能がアンロックされていません。

この機能を利用するために、自分専用のアカウント(LiskID)を作成する必要があります。

右の【Create Lisk ID】をクリックして進みます。

まず最初にあなた専用のアバターを作りましょう!

このように、バラバラの図形が置かれた画面があるので、その上でマウスをぐるぐると動かしてください。

図形が集まってきて、あなた専用のアバターが完成します。(一応他のデザインがいい場合は戻れば再度作り直しもできる模様です。)

このような画面になったら、上が自分のアバター、下がLiskIDになります。

下の赤いボタンを押し、確認ができたらパスフレーズの作成に移行します。

このパスフレーズは盗まれてしまうと、あなたのアカウントやLSKウォレットに入られてしまう可能性がある超重要なものになります。

絶対に他人に教えず、オンライン上には保存しないようにしてください。

この危険性と操作している環境の安全性を確認できたら、【I understand】にスライドさせて同意してください。

次の画面に移ると、パスフレーズが表示される前に、再度誰かに見られていないか?接続環境は安全か?との確認文章がでます。

問題がなければ右までスライドしてください。

こちらが貴方の重要なパスフレーズになります。

パスフレーズを紙などに書いた後、金庫などで保管する準備をしてください。(まだ登録に必要なので紙は残してください。)

12個のパスフレーズを記入でき、安全の確認ができたら、下の赤いボタンを押し、次に進みます。

このような画面が出てきます。(流出できないパスフレーズのため、空欄と数字で記載しています。)

まずパスフレーズが空欄になっている箇所を探してください。

この空欄になってる部分と、自分のメモしたパスフレーズが一致する位置の単語を下の選択肢から選びます。

3つあれば、2つはダミーで1つが正解のパスフレーズになります。

これでLiskIDの作成が全て完了になります!お疲れ様でした。

ではLiskHubにもどりましょう。

まずLogInをクリックします。

一番最初は、メモしたすべてのパスフレーズ(12個)を順番を間違えないように記入していきます。

記入が終わり、間違いがない場合、貴方専用のLiskHubにログインすることができます。

LiskHub

ログインすると、最初はロックされていた、左側のメニューがアンロックされていることがわかります。

このメニューを簡単に解説します。

DashBoard(ダッシュボード)

DashBoardは多くの機能を一括で簡単に表示しているページです。

現状で主にある機能は以下の4つです。

  • 検索機能(LiskIDの検索や取引履歴の検索)
  • LSK/BTC:LSKの価格推移確認
  • Latest activity:アカウントで行われた取引履歴
  • Transfer:LSKコインの送信
  • リスト

Wallet(ウォレット)

ウォレットは、通貨を保存、利用するための自分の財布です。

こちらでは、自分の通貨保有数の確認や、通貨の送受信、自分のアドレス確認とコピーが行えます。

試しに自分のアドレスをコピーして貼り付けてみると、Liskアバターが表示されることが確認できます。

今まで紛らわしかったアドレスの見分け方手段が1つ増え、より間違いや詐欺(アドレス変更ウイルスなど)に引っかかるリスクが低減する利点はかなり大きいでしょう。

Explorer(検索機能)

エクスプロラーはLiskID、取引履歴やブロックチェーン履歴などを検索できる機能になります。

送信したが届かない、などトラブル時などに利用すると履歴が見れるので問題解決に役立つでしょう。

More(その他)

その他には、今後機能が追加されていくと思われます。

現時点では、Liskのサイドチェーンに関する内容が、Coming soon(もうすぐ公開)となっています。

機能追加が楽しみですね!

リスクニュース一覧
CLOSE
CLOSE