Liskが日本時間2月21日にリローンチを予定

Liskが日本時間2月21日にリブランディングを予定/Lisk Coreは3月予定
コインポストで独占インタビューを実施
Liskのリブランディングを2月21日(日本時間)と直前に控え、Liskのマーケティングリーダー「トーマス」氏に独占インタビューを行うことができました。インタビュー記事全文は前編を17日に公開し、後編は18日公開予定です。
Lisk Coreについて
「Lisk Core」の発表と「リローンチ発表日」が重なるというのは誤情報です。Lisk Coreの詳細については、リローンチ発表日にLiskのCTOからパネルディスカッション形式で発表されるとのことです。

※訂正とお詫び

Lisk Core実装を3月としてしまいましたが、「Lisk Coreについてはリローンチ発表日に、パネルディスカッション形式でLisk CTOから発表される」が正しい情報となります。

誤った情報を流布してしまったことを、深くお詫び申し上げます。

Lisk リローンチイベント

CoinPostで、Liskリブランディング前に独占インタビューを行うことができました。

LiskのCEO「マックス」氏は、以下のように述べています。

2017年は「Preparation(準備期間)」

2018年は「Beginning(始動期間)」

仮想通貨の「リブランディング」とは、ウェブサイトやロゴをはじめとした、ブランドイメージをガラッと一変することになる注目イベントです。

今回は、Liskのリローンチイベントの詳細について、マーケティングリーダーである「Thomas Schouten(以下トーマス氏)」に独占インタビューを行いました。

インタビュー内容全文は近日公開予定です。

長時間のインタビューにご協力いただいたトーマス氏に、この場を借りて御礼申し上げます。

Liskの「リブランディング・リローンチ」は、2月20日(日本時間2月21日)に予定しており、現在公開できる範囲で内容をシェアしていただきました。

取り扱いのある仮想通貨取引所

1月26日には、国内で唯一Liskの取引が可能だった仮想通貨取引所「コインチェック」がハッキング被害に遭ったことで、リスクを含むアルトコイン全般の売買を停止してしましました。

Liskを売買できる国内取引所がなくなってしまいましたが、5日後の1月31日には、国内最大手である「Bitflyer」への上場が決まり、LSKの売買することができるようになりました。

2018-01-31 16:27

注目すべきインタビュー内容をピックアップ

インタビュー内容全文は前編を17日、後編を18日に公開しますが、先に注目すべき内容をピックアップしてご紹介致します。

Q. リブランディング・リローンチの詳細を教えてください。

「Lisk.core」が延期していますが、ついに発表されるのでしょうか?

Thomas氏:たくさんの方が「Lisk Core」の発表と「リブランディング・リローンチ発表日」が重なると考えていますが、これは誤りです。

私たちは2017年に「リブランディング・リローンチ」の発表を行いましたが、時間が経つにつれ、企画内容はより大きなものになっています。

ウェブサイトのアップデートから始まり、「Lisk Nanoウォレット」のUI改善、そして最終的に「どのようにしたらより多くの方にブロックチェーンを知ってもらえるか」という点にたどり着きました。

これは、Liskの根本的な原動力でもあります。

「一般の方に限らず、投資家や開発者に対して、ブロックチェーンの利便性を高めること」がLiskの目的です。

一例を挙げると、ICO参加の難しさです。イーサリアムプラットフォームを利用してICOをする場合、どうしても一定以上の知識が求められます。

ですので、「ユーザー/トレーダー/デベロッパー」を含む、すべての方に快適なUIを提供する大切さをスタート地点として考えました。

現在、開発側ではたくさんの事が起きているため、Lisk Coreについてはリローンチ発表日に、パネルディスカッション形式で我々のCTOから詳細を発表させていただく予定です。

Q. 今回のリブランディングを経て、何を達成するのでしょうか?

Thomas氏:”毎日新しいコードを発表している”点は重要で、これに関してユーザーはもっと知るべきだと思います。

Liskが「仮想通貨トップ10」に入るのは現時点では時期尚早かもしれませんが、将来的にそのポテンシャルは十分にあります。

リブランディングを経て進化するホームページにより、ユーザーとのエンゲージメントが増え、Liskプロジェクトの真剣さを伝え、我々のコードに開発者がより深い興味を持ち、全ての方々が「Liskプロジェクトそのものを見直す機会」になれればと考えています。

リスクの最新情報が発表され次第、Twitterやホームページ上で情報を発信していきます。

リスクニュース一覧
CLOSE
CLOSE