コインチェックが業務改善計画を提出/20時より記者会見を予定

コインチェックが業務改善計画を提出/20時より記者会見を予定
2/13の20時に記者会見を実施予定
既にコインチェックは金融庁に業務改善計画を提出し、日本円出金も再開しています。仮想通貨の出金及び取引は未定のままです。

2月13日、コインチェックが金融庁に業務改善計画を提出し、20時から記者会見を行うことを発表しました。

約580億円分の仮想通貨NEM(ネム)が外部流出した仮想通貨交換業者、コインチェック(東京・渋谷)は13日午後、金融庁に業務改善計画を提出した。

同日午後8時に同社本社で記者会見する予定だ。

情報引用元:日本経済新聞

本日2/13に日本円出金を再開済

コインチェックは事件発生時の1月26日以降、日本円や仮想通貨の出金、またアルトコインの取引を停止していました。

その後29日に金融庁により業務改善命令が出されて、そして本日、業務改善計画の提出と共に日本円の出金が解除されたことで話題になりました。

業務改善命令の内容は以下の通りです。

(1) 本事案の事実関係及び原因の究明

(2) 顧客への適切な対応

(3) システムリスク管理態勢にかかる経営管理態勢の強化及び責任の所在の明確化

(4) 実効性あるシステムリスク管理態勢の構築及び再発防止策の策定等

(5) 上記(1)から(4)までについて、平成30年2月13日(火)までに、書面で報告すること。

情報引用元:関東財務局

2018-02-09 19:49

しかし、仮想通貨の出金及び取引の再開は未定のままです。

20時の記者会見でそれを含めた内容が発表される可能性があります。

記者会見の焦点となるのは、以下の3点だと思われます。

  • 流出した仮想通貨(NEM/XEM)の補償日時について
  • 凍結中の顧客資産である、仮想通貨の取引再開時期について
  • 会社の存続と今後の経営について

コインチェック事件の時系列

日時内容
2018/1/26ハッキングによるネム流出事件発生
2018/1/29金融庁による業務改善命令
2018/2/2改正資金決済法に基づき、金融庁が立ち入り検査を実施
2018/2/13日本円の出金再開(業務改善計画を提出)

※情報が入り次第随時更新予定です。

CLOSE
CLOSE