サンタンデール銀行はリップルの技術で稼働するAppを4カ国で展開予定

サンタンデール銀行はリップルの技術で稼働するAppを4カ国で展開予定
サンタンデール銀行がリップル技術のAppをリリース
サンタンデールは2017年の業績説明会でリップル社の技術で稼働するアプリをスペイン、ブラジル、イギリス、ポーランドの四か国で運用開始することを公表しました。

今なお、リップル社の最大の顧客の一つであるサンタンデールグループは会社の分散型台帳によって構築されたモバイルアプリを公表しました。

リップル社の技術を使ったアプリケーション近々リリース予定

Finextraによると、サンタンデール銀行はアプリを18か月間、従業員の間で試運転し、その間、アップルペイと統合して £10 から £10,000、日本円で約1500円から約150万円の支払いが行えることを確認されました。

サンタンデールは2017年の業績説明会でそのアプリをスペイン、ブラジル、イギリス、ポーランドの四か国で運用開始することを公表しました。

消費者は同アプリを使うことで同日はもちろん1分以内で海外送金を容易にすることができます。

また同アプリはデジタルウォレットや個人向けファイナンスマネージャーのほか、P2P決済をサポートする機能も搭載しています。

私たちはこのアプリを数か月以内に発売する予定です。またこのプロジェクトにはxCurrentを使う予定です。」とサンタンデールの代表者は伝えました。

リップル社の最高責任者であるBrad Garlinghouse氏(以下ガーリングハウス氏)はツイッターにて、この四半期に同アプリをリリースするだろうと投稿もしています。

Santanderが提携は11月から

昨年11月16日Ripple社は、同社が提供するRippleネットにアメリカン・エキスプレスとサンタンデール銀行が参加したことを発表しています。

この当時は同時に参加したアメックスの名前が大きく報道されましたが、スペイン・マドリードに本拠を置くサンタンデール銀行は、スペイン最大の商業銀行グループであり、今もなおリップル社の最大の顧客の一社です。

当時、American Express社とSantander社はフィンテック企業のRipple社と協力し、ブロックチェーン技術を使った米英間のクロスボーダー決済の迅速化を狙っているとされ、今回自社のアプリケーションにリップル社の技術xCurrentを利用して4ヶ国間での海外送金の迅速化を実現した形となりました。

Santander to Roll Out Ripple-Powered App in 4 Countries

Nikhilesh De February 2, 2018 by Coindesk

参考記事はこちらから
CLOSE
CLOSE