【仮想通貨】仮想通貨暴落で「自殺防止」ホットライン設立| 米調査“キャッシングや住宅担保”で購入

仮想通貨市場が下落しており、ビットコインに関しては最高値から1か月で半分になっています。こうした背景から、米国のニュースサイトでは「自殺防止」のホットラインを設置したと報じられています。調査ではアメリカ人の中にはクレジットキャッシングや住宅を担保に借り入れをしたお金で仮想通貨を購入する人がいるという結果。高騰する前に売却をしたことで儲け損ねた人が、買い続けることでの心理的なリスクも。

続きを読む

スポンサーリンク